星槎道都大 北海道勢初の全国大会決勝進出!4番・石黒3安打2打点、足も見せた

星槎道都大 北海道勢初の全国大会決勝進出!4番・石黒3安打2打点、足も見せた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

◇第48回明治神宮野球大会・大学の部準決勝 星槎道都大10―2環太平洋大(2017年11月14日 神宮)

No image

<星槎道都大・環太平洋大>2回2死二塁、中適時二塁打を放つ星槎道都大・石黒

星槎道都大(北海道2連盟代表)が環太平洋大(中国・四国3連盟代表)に10―2(8回コールド)で大勝し、初めての決勝進出を果たした。

北海道勢の決勝進出は、春の全日本大学選手権を含めても初めて。4番・石黒凌外野手(4年、北海学園札幌)が3回の決勝の左中間二塁打を含む3安打2打点。3回には内野ゴロの間に二塁から3点目のホームを陥れるなど走塁も光った。準々決勝(対創価大)に続く2戦連続の3安打に「ボールは見えている。北海道勢初めての優勝を、自分たちの代で達成できるとうれしい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍松本ベストナイン「役割果たせた打席が多かった」
侍田口がベストナイン獲得「また稲葉監督の下で」
アジアCSベストナイン、侍から5名選出 好機演出、日ハム同期コンビも!
菰野(三重)編「オリックス・西勇輝の母校!毎年のように好投手が生まれる菰野のつながり!」
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加