星槎道都大・福田11K完封デビュー 神宮初勝利導いた

星槎道都大・福田11K完封デビュー 神宮初勝利導いた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

9回11三振を奪い完封勝利を挙げた星槎道都大・福田=神宮球場(撮影・中田匡峻)

「明治神宮野球大会・大学の部・準々決勝、星槎道都大1-0創価大」(12日、神宮球場)

星槎道都大は6度目の出場で大会初勝利。福田俊投手(3年・横浜創学館)が4安打完封、11奪三振の快投を見せた。

堂々のデビュー戦だった。自身初の全国大会出場となった福田が、11三振を奪って大学野球で初完封。星槎道都大を神宮初勝利へ導いた。

「楽しかった。一人一人を打ち取ろうと思った結果が完封になった」。試合後は仲間の手荒い祝福に笑みを浮かべた。

最速148キロのプロ注目左腕。この日は140キロ台前半だったが、「球速が出ていなかったので、どうやってタイミングを外すかを考えた」。春に覚えたフォークを効果的に使い、11三振のうち10個が空振り三振だった。

横浜創学館では阪神・望月の1学年上でプレーした。高3夏は神奈川大会16強で敗れたが、エースとしてチームをけん引。大学でも成長を続ける左腕が、神宮のマウンドで能力の片りんを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲、高校野球BIG3の才能の磨き方
DeNAナイン FA・大和にラブコール   井納「チームに必要」早くも歓迎ムード!
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加