日本戦で修正なるか? デ・ブルイネがベルギー代表の戦術批判

日本戦で修正なるか? デ・ブルイネがベルギー代表の戦術批判

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/13
No image

ベルギー代表のケビン・デ・ブルイネ【写真:Getty Images】

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネは、先日のメキシコ戦でベルギーが見せた戦い方には問題があったとして戦術批判を展開した。ベルギー『rtbf』などが同選手のコメントを伝えている。

ベルギーは現地時間10日にホームでメキシコと対戦。3ゴールを奪われながらもFWロメル・ルカクの2得点とMFエデン・アザールのゴールで3-3のドローに持ち込んだ。

「チームのための戦術プランを見つけ出さなければならない。メキシコ戦でのシステムは、こういうチームを破るために適したものではなかった」とデ・ブルイネは試合についてコメントしている。

「チャンスは作れていたが、守備面ではスペースを与えすぎていたと思う。もっと高いラインでプレーする勇気を持てず、メキシコにボールを持たれてしまっていた」とデ・ブルイネ。「戦術面では僕らよりもメキシコの方が優れていた。すごく賢くプレーしていたと思う」と相手に賛辞を送った。

「メキシコは前線に3人を残していた。僕らは5人が後ろにいたが、7人対5人になるような状況があり、プレスをかけるのは不可能だった」とシステムの問題について指摘している。

現地時間14日には、ベルギーは日本代表との親善試合に臨む。ロベルト・マルティネス監督は戦い方を修正してくるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
ハンブルガーで評価高まる伊藤達哉を、酒井高徳が兄のようにサポート
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
高徳が選ぶ代表ベスト11...直近招集外の“ビッグ3”からは2人を選出
スペインの目利きが見た、欧州遠征「日本代表16選手のプレー評価」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加