米・中が原因か 二酸化炭素排出量また増加に転じる

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14

世界の二酸化炭素の排出量について、この数年、横ばい傾向が続いていたものの、今年は増加に転じるという研究結果が発表されました。

ドイツのボンで開かれているCOP23(国連気候変動枠組み条約の締結国会議)で公表された研究結果によりますと、今年の世界の二酸化炭素排出量は去年に比べて2%程度の増加に転じる見通しです。公表したのはアメリカ・スタンフォード大学の教授らが参加する国際研究機関で、主な要因として最大の排出国の中国が3.5%増加するなど、多くの国で化石燃料の燃焼が増加したためと分析しています。また、排出量2位のアメリカもトランプ政権に代わり、減少幅が鈍化しています。世界の二酸化炭素排出量はここ3年ほどは横ばいで推移していて、アメリカの大手メディアは「増加傾向は天井を打ったと思われていたものの、期待が裏切られた」と論評しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「大リストラ時代」突入!生き残る銀行員・消える銀行員の差はココだ
「さすが先進国」「日韓の根本的な違いを感じる」日本企業のノー残業に韓国ネットが感心しきり
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
"年間1.6億人"が来るサイゼリヤの客単価
雪道での自動運転、どうなる? 国交省、ヤマハのカートで検証実験開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加