セックスドラッグで流通/槇原所持容疑ラッシュとは

セックスドラッグで流通/槇原所持容疑ラッシュとは

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/02/13
No image

槇原敬之(2006年10月26日撮影)

歌手槇原敬之(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで警視庁に逮捕された。槇原容疑者は午後4時45分ごろ渋谷区神宮前の自宅で逮捕された。逮捕容疑は2年前に、港区の一室で覚せい剤0・083グラムや危険ドラッグRUSH(ラッシュ)を所持していた疑い。警視庁は認否は明かしていない。

◆RUSH(ラッシュ) 主にセックスドラッグとして流通しており、厚生労働省によると、ラッシュは酩酊(めいてい)感などを得る目的で使われる。中枢神経系の興奮もしくは抑制、幻覚の作用が強い。大量に摂取すると呼吸障害で死亡する。指定薬物の亜硝酸イソブチルを含む液体状の薬物で、吸引すると性的興奮を高めるなどの作用があるとされている。07年に医薬品医療機器等法(旧薬事法)により「指定薬物」となり、業者による販売などが違法となった。その後、14年の改正で個人での所持や使用、購入した場合でも違法となり、15年には関税法改正により個人輸入についても二重に違法とされ、刑事罰の対象になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カズレーザー、東京マラソン参加料規約に「逆じゃないんですか?」
佳子さま25歳の“変化” 話題を呼んだ“サックスブルー”のダッフルコート
レクサス暴走致死事件 元特捜検事が「左足でアクセルを踏み続けることは可能だったか」
槇原敬之容疑者、逮捕まで2年もかかった理由 「そういうことか...」
スカイマーク、東京/羽田・名古屋/中部〜沖縄/那覇線でGWに深夜早朝便 4月29日から5月10日まで計40便
  • このエントリーをはてなブックマークに追加