広島新井が14年連続護摩行「気持ちグッと締まる」

広島新井が14年連続護摩行「気持ちグッと締まる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

炎を前に厳しい表情をみせ、護摩行に取り組む広島新井(撮影・田崎高広)

広島の新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山・高野町の高野山別格本山清浄心院で、石原慶幸捕手(38)会沢翼捕手(29)堂林翔太内野手(26)とともに護摩行に臨んだ。

新井にとっては14年連続。燃え盛る炎の前で、1時間半にわたって読経を続けた。終了後は真っ赤な顔で「1年間しっかり頑張りますということを思いながら、行をしていた。やらせてもらわないと自分の中で1年が始まらない。冷静に考えたら、これだけ苦しいことをよく続けてこられているなと思う。自分のことだけど。気持ちがグッと締まる」と、プロ20年目のシーズンに向けてスイッチが入った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人 投手陣に目標値設定 「規定投球回数到達者5人」など4項目
2017年・プロ野球界の「省エネ投手」は誰?
広島1位中村奨成は2軍から 春季キャンプ振り分け
わずか一球で奪三振...レアすぎる珍記録【プロ野球B級ニュース事件簿】
瀬古氏がDeNA新人に「女子アナは野球選手好き」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加