新たな縦読みも発覚!? 木下優樹菜の“たかし不倫”騒動で、元夫フジモンにビッグチャンスか

新たな縦読みも発覚!? 木下優樹菜の“たかし不倫”騒動で、元夫フジモンにビッグチャンスか

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/01/23
No image

昨年の大みそかに、フジモンことFUJIWARA・藤本敏史との離婚を発表したときの「夫婦としてのすれ違いや生活のずれ」とはこのことだったのか。

目下、サッカー日本代表の乾貴士との不倫疑惑でネット上を賑わせている木下優樹菜。過去のインスタグラムで「たかしあいしてる」という縦読みメッセージを投稿していたことが発見されて以降、連日のように新たな“証拠”が飛び出る有様だ。

「乾のインスタグラムでも『ゆきなだいすき』という縦読みメッセージが発見されたことで、ネット民が追跡。その後も“特定班”の調査により、互いの過去のSNSに映り込んだ同じ衣服や身体的な特徴が発見され、一緒にグアムに行っていたと思われる形跡まで見つかっています。さらにここにきて、新情報として乾が『ゆきなだいすき』という縦読みメッセージを忍ばせた投稿をした日に、木下も犬の絵文字を使った『犬いだいすき』というメッセージを投稿していたことも“発覚”しています」(週刊誌記者)

ネット上では、2018年のサッカーW杯時にTシャツまで登場するほど流行した「大迫ハンパないって」をもじり、「乾見る目ないって」の嘲笑コメントも飛び交う事態だ。

「もはや木下の逃げ場はなくなっているが、こうしたお花畑な“匂わせ”が露見するたびに、藤本が気の毒になってきます。不倫にドはまりしていたにもかかわらず、タピオカ騒動の折には店主への謝罪に藤本も同行させていますからね。ここまで不倫の証拠が出揃ったのであれば、まず持って藤本に謝罪すべきでしょう」(お笑いプロ関係者)

そうした一方、藤本にとっても、この“たかし不倫”は最大のチャンスだという声もある。

「以前は木下と一緒に叩かれていた藤本ですが、もはやここ数日の”たかし不倫”の盛り上がりで、“禊”は完全に終わり、藤本への同情票が増えています。炎上や不倫で自由奔放な年下妻に人生を振り回された離婚経験のある中年男として、悲哀を感じさせるキャラクターになってきている。主婦・高齢層からの同情票がさらに加われば、ワイドショーのコメンテーターなどへ仕事を広げることもできます」(放送作家)

木下といえば、おバカキャラでブレイクしたことが知られているが、縦読みがバレないと思っていたのなら、正真正銘のおバカだというしかない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐藤かよ“顔激変”で面影ゼロ... 「韓国人みたい」「量産型だな」
驚きの転身で成功した元アイドルといえば...!?
みちょぱ、芸能界で最もイケメンと思ったのは?
白石麻衣、卒業後の男遊び&結婚願望に言及で「さすがプロ意識の塊」称賛の声
大家志津香、AKB48の“厳しかった先輩”語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加