最新ランキングをチェックしよう
北大、ミツバチ由来抗菌ペプチド「アピデシン」の標的分子を解明

北大、ミツバチ由来抗菌ペプチド「アピデシン」の標的分子を解明

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12

北海道大学(北大)は10月11日、抗生物質に代わる抗菌物質として期待されるミツバチ由来抗菌ペプチド「アピデシン」が標的とする分子を解明したと発表した。

同成果は、北海道大学大学院工学研究院応用化学部門 松本謙一郎准教授らの研究グループによるもので、9月22日付の英国科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

アピデシンは、動物の細胞に対しては害がなく、病原菌であることが多いグ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コレジャナイ感!ティラノサウルスの最新想像図が公開される!
地球が生みだしている「謎のノイズ」の詳細が新たに判明、季節による違いはなく固有周波数も明らかに
結局「子宮頸がんワクチン」は接種すべきか?生物学者の見解は
「スーパーマリオ64」が脳をアルツハイマー病から守るのに役立つという驚きの研究結果
木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加