やっぱりお買い得?3万円台で買えるロボット掃除機『ルンバ』のスタンダードモデル

やっぱりお買い得?3万円台で買えるロボット掃除機『ルンバ』のスタンダードモデル

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバ」のスタンダードモデル「600」シリーズに新モデル『ルンバ641』をラインアップ。身近な価格3万9880円(税抜、公式オンラインストア価格)にて発売を開始した。

No image

ルンバ641

ルンバ「600」シリーズは、確かな清掃力と、利便性の高いオプション機能を備えながらも、コストパフォーマンスに優れたシリーズだ。新モデルの『ルンバ641』は、ルンバ独自の3段階クリーニングシステムを搭載したほか、自動充電機能などの便利な機能も搭載。Wi-Fi非対応の日本オリジナルモデルとして、身近な価格を実現することで、幅広い消費者ニーズに対応していく。

『ルンバ641』は、ルンバ独自の3段階クリーニングシステムで、ホコリやチリ、大きなゴミまでしっかりかき出し、かきこみ、吸引。ナビゲーションシステムは高速応答プロセス「iAdapt」を搭載しており、数十のセンサーが部屋の状況を正確に把握し、ゴミの多い場所はキレイになったと判断するまで集中的に清掃していく。好評のデュアルバーチャルウォールも付属する。

本体サイズは最大幅340×高さ92mm、約3.6kg(バッテリー含む)。電源は充電式リチウムイオン電池。充電時間は約3時間。稼働時間は通常清掃時で最大60分。

製品情報

http://www.irobot-jp.com/product/600series/index.html#detail641

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新しい無線技術LPWAがなぜ注目されるのか?
ドワンゴ川上会長、niconico運営責任者を“退任”
「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
アマゾンエコーとグーグルホーム、使って分かった「買うならこっち」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加