上海歌劇団の来日舞劇公演が中止、新型ウイルス影響

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/02/14

一般財団法人民主音楽協会は14日、3月4日~4月28日まで公演を予定していた舞劇「朱鷺」の全公演を新型コロナウイルス感染症の影響で中止すると発表した。

中国を代表する総合演劇団体・上海歌舞団が来日して行う予定だったが、社会情勢を考慮して中止となった。日中友好の象徴である朱鷺をイメージした舞劇「朱鷺」は14年、15年に全国公演されて大好評を博していた。

同協会は「中国・武漢にておこりました“新型コロナウイルス感染症”が、中国はもとより世界規模で拡大しており、また大型客船での集団感染も発生し、未だ収束の目途がたっておりません。社会的な不安感が増大し、広がっている状況です。当協会としましては、日中友好公演の意義を考え、安心安全を第一義とし、上海歌舞団・舞劇『朱鷺』公演を全公演中止とさせていただきます」とコメントした。

購入したチケット代金は全額返金される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FLOW「アニメ縛りライブ」がテレビ放送決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加