往年の名車が甦る!マツダが初代『ロードスター』のレストアサービスを開始

往年の名車が甦る!マツダが初代『ロードスター』のレストアサービスを開始

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

マツダは1989年から発売が開始された初代『ロードスター』(NA型)を対象としたレストアサービスを開始する。このレストアサービスは、オーナーに永く大切にマツダ車を乗り続けてもらう環境作りを目的とした、レストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービス。

レストア事業は、オーナーの『ロードスター』をマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするというもの。2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定だという。
メーカーである同社が顧客と直接面談し、個々のクルマの状態や御要望に合わせたサービスを実施。作業を行なうマツダ社内の施設は、テュフ ラインランド ジャパンよりクラシックカーガレージ認証取得を予定しており、レストアしたクルマを高い品質で顧客に届けることが可能となる。

No image

初代『ロードスター』

ちなみにテュフ ラインランドは、ドイツに本社をおく第三者検査機関で、ドイツで運転免許試験を行ない、ドイツのほか数か国で車検サービスを提供している。また、自動車メーカー向けに欧州型式認証を行うほか、板金塗装工場やクラシックカーの評価・認証サービスなどを提供する。テュフ ラインランド ジャパンはその日本法人。

パーツ再供給は、現在供給終了となっている初代『ロードスター』の一部パーツを復刻するもので、2018年初頭より販売を開始する。パーツはオリジナル状態にこだわり、初代『ロードスター』発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインを再現し、乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻するという。その他の部品供給についても、顧客の対話を通じて今後対応していく予定。

関連情報

http://www.mazda.co.jp/carlife/restore/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【大炎上】VALU詐欺疑惑のYouTuberヒカル、事務所顧問が逃亡する / ネットの声「逃げやがった」「完全に黒」
「世界のSEIKO」失われた輝き...東京五輪で公式時計に不採用、盟友エプソンと腕時計戦争
旧車好きの底なし沼―「週刊マツダ・コスモスポーツ」創刊、100号買えば模型が完成
テスラの優位性、今後も維持可能な2つの理由
シャープ、人材が「もぬけの殻状態」...日本電産が容赦なく大量の技術者を引き抜き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加