【iOS 13】アップデートしてからiPhoneがいつもより熱い...追加された新機能をオフにすれば発熱を軽減できるかも

【iOS 13】アップデートしてからiPhoneがいつもより熱い...追加された新機能をオフにすれば発熱を軽減できるかも

  • isuta
  • 更新日:2019/10/19

新しいiOS 13では、ダークモードなど新機能が追加されますます便利になりましたね♩

ところがiPhone 11以前の機種でiOS 13にアップデートすると、iPhone本体が今までより熱くなりやすく、大丈夫なのか心配という声が上がっているようです。

実は、新しく追加された機能をオフにすることで、発熱が軽減できる場合があるのでご紹介します。

iPhoneがいつもより熱くて心配!

iOS 13が発表されて1カ月近くたちましたが、iOS 12では起こらなかった異常な発熱が多くのユーザーの間で発生しているのを知っていますか?

No image

iPhone 11以前の機種でiOSをアップデートすると、負荷がかかる操作をしていない時でも、iPhoneの背面が今まで以上に熱くなりやすくなったという声が多数上がっているんです。

No image

はっきりとした原因は不明とされていますが、そんな時には「最適化されたバッテリー充電」という、iOS 13で新しく追加された機能をオフにすることで、発熱が軽減されるようですよ♡

No image

最適化されたバッテリー充電をオフにするには、設定を開いて「バッテリー」を選択。

No image

次に「バッテリーの状態」をタップ♩

No image

最後に「最適化されたバッテリー充電」をオフにすればOK!

多くのユーザーがこの機能をオフにすることで、発熱が抑えられるようになったと報告していますよ。

この新機能はiOS 13にアップデートした時点で、自動でオンになっているのであなたも1度設定画面でチェックしてみてくださいね。

最適化されたバッテリー充電はオフにすべき?

No image

機種が熱くなりすぎるのは心配だけど、「最適化されたバッテリー充電」機能自体は、iPhoneがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を遅らせてくれる優秀な機能。

発熱の原因が解明されて、せっかくの新機能を使えるように改善されたアップデートが行われることを期待したいですね♡

iOS 13に関する他の記事も読む♡

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone 11が売れている中、2位になったスマホは? スマートフォン売れ筋ランキングTOP10
ジョブズ氏の先見の明...オンラインのApple Storeが果たした役割とは?
Apple Watch Series 6は耐水性と処理速度が向上〜クオ氏予測
AppleのARヘッドセットは2022年まで登場しない可能性〜社内プレゼンで発表か
iOSとはどこが違う? iPadのために開発された『iPadOS』の機能や使い方を紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加