原、北京五輪にも意欲十分「小さい頃からの夢である金メダルは絶対に取りたい」

原、北京五輪にも意欲十分「小さい頃からの夢である金メダルは絶対に取りたい」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

銅メダルを手に笑顔を見せる原大智

ノルディックスキー・ジャンプ女子で4年前のソチ五輪の雪辱を果たし、日本女子初のメダルとなる銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=と、フリースタイルスキー・モーグル男子で日本男子初の銅メダルを獲得した原大智(20)=日大=が13日、快挙から一夜明けて平昌のジャパンハウスで会見した。歴史に名を刻んだ2人はともに22年北京五輪での金メダルに意欲を燃やした。同日夜にはメダルセレモニーに出席し、輝くメダルを手にした。

“日本男子第4の男”、まさにダークホースの立場からのモーグル男子初のメダリストに駆け上がった原はメダルセレモニーで、万感の表情でメダルを受け取った。「本当に何も知らずに掛けたら、首がもっていかれそうなぐらい重くて…。五輪のメダルってこんなに重いんだって思いました。うれしくて涙が出た」。国旗が揚がるところを見ながら「やったんだ…」とつぶやいた。

反響も大きく「普段しゃべったことがない人からもメッセージが届いてる。今も届いてて、数はもう分からない」と、笑った。東京都渋谷区出身。「本当に雪が降らなくて、雪が降ると交通がマヒしちゃうような都心部なんで。本当に冬季の種目で五輪メダリストになれたのは誇りに思っていいのかなと思う」と喜びを口にした。

4年後の北京五輪にも意欲は十分。「今回は準決勝1位通過。金メダルが取れたのにっていう思いが凄くある。この銅メダルをいい色のメダルに変えていきたい」。残り2段を駆け上がるため、“シティー派モーグラー”の戦いは続く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
花田優一 妹を溺愛 一緒に風呂も「チューも」
間違ったひとりHはセックスでイケなくなるって本当?
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
東京マラソン、キリストの人出場不能になっていた衝撃の理由は・・・
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加