【ライブレポート】つりビット、順位変動にメンバー大はしゃぎ<冬の大リクエスト祭>開催

【ライブレポート】つりビット、順位変動にメンバー大はしゃぎ<冬の大リクエスト祭>開催

  • BARKS
  • 更新日:2018/02/16
No image

釣りをテーマにした5人組アイドルつりビットが、ファンからの投票で人気楽曲の順位を決めるライブ、<渋谷フィッシングセンター 〜冬の大リクエスト祭〜>を2月12日にTSUTAYA O-WESTで開催した。

◆つりビット ライブ写真

2016年11月以来のリクエスト祭ということで、前回と比べてどれぐらい順位の変動があるのか?自分の投票した曲は何位に入っているのか?会場に集まったファンはもちろん、メンバーも楽しみにしていたこの日のライブは、カウントダウンで一曲ずつ順位発表とパフォーマンスを行なう形でステージが進行。オープニングパートでのメンバー自己紹介が終わり、「私たちも順位を知らない状態でやるのでドキドキ、ワクワクしていますが、みなさんと同じ気持ちで楽しみたいと思います。先ずは20位から16位までの発表です。それでは20位を見てみましょう」という長谷川のMCを受けてステージ後方のスクリーンに映し出された最初のナンバーは、前回32位からのジャンプアップ曲「ギョギョギョムーチョ」。フロアーから驚きの声が上がる中5人は慌ててセットポジションを確認すると、すぐさま明るいラテンのイントロが流れ出してライブはスタートした。

No image
No image

16位の「スタートダッシュ!」終わりのMCパートでは、「ギョギョギョはみんな来ないって予想していたじゃん」(聞間)、「だからめっちゃ間違えた」(竹内)「発表される前に『ギョギョギョムーチョ』来たらどうしようって話していたらさぁ」(安藤)「だからあんなにスタッフさんが『ギョギョギョムーチョ』とか確認しなくて大丈夫?って言っていたんだよー」(長谷川)と、しょっぱなから予想外だったガチな展開に驚いたメンバーが裏話を暴露。15位から11位では、前回4位の「裸足のマーメイド」が15位になるという波乱があったが、3月7日にリリースされる新曲「不思議な旅はつづくのさ」(14位)や、昨年発表された2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』に収録され、彼女達の新しい魅力を引き出したナンバーとして評価の高かった「Get ready Get a chance」(13位)もチャートインし、10位以下は今年5周年を迎え次のフェーズへと向かう彼女達に対するファンの期待も感じられて、「不思議な旅入ってたー!」と、グループを引っぱるリーダーの長谷川もご満悦な様子だった。

続くベスト10のパートでは10位から4位までを発表。ここでは「ギョギョギョムーチョ」以上に無いと思って事前に練習していなかったという、「ズキズキ物語~恋のハロウィン大作戦~」が前回の25位から10位にランクイン。驚いたメンバーは、「でもさ、溝口さん(レーベル代表)がさりげなくレッスン中にズキズキながしてたよね」(安藤)、「なんかさー、レッスン中にちょっとずつ曲のイントロをポンてかけるの」(長谷川)と、このパートでも裏話を暴露し会場を大爆笑させていた。

No image
No image

ベスト3の第3位は、少年が海辺で経験したひと夏の淡い恋を、せつなくも明るいメロディーにのせて歌った「ラムネ色のスケッチ」。前回1位だったナンバーのこの順位には、メンバー全員予想が外れたようで「これで焼肉がなくなったよー」(安藤)「あれ?みんなはずれたんだ。あ~焼肉~」(長谷川)と、ベスト3を当てた際にスタッフと約束していたらしいご褒美がなくなったことに意気消沈しながらも、「でも前回1位でまた3位に入るなんて凄いよね」(長谷川)と、この曲の人気の高さに改めて驚いていた。

3位予想が外れたことで「次はあれだよね?」(竹内)とそれぞれが勝手にステージ上で話し始める中、「では2位を見たいと思います」と一番年下ながらしっかりと仕切る小西の絶妙な進行で発表された第2位は、前回10位からランクアップした「ニガシタサカナハオオキイゾ」。2015年に配信された長谷川の釣りセンター曲で、(つりビットは毎年10月10日(トトの日)に配信される曲のセンターを釣りセンターと呼び、それを実地試験、筆記試験、年間の釣り活動、ファン投票で決めている)ファンの「いくぞ!」コールから始まりぶち上がるオタ要素が全て詰まったライブでの人気ナンバーの大躍進に、会場はこの日一番の盛り上がりとなった。パフォーマンス後のMCでは翌日20歳の誕生日を迎える長谷川に「今日誕生日前日だよね」(竹内)、「お酒飲むんでしょ」(安藤)「うん。明日絶対お酒飲む」(長谷川)と、メンバー最年長ながら一番童顔な彼女が果たしてお酒が買えるのかという爆笑トークが展開。

「全然予想していなかった曲が来たらどうしよう」と5人が不安を口々に言いあう中で発表された1位は、昨年11月に発売されたシングル「1010~とと~」の通常盤のみに収録されていた「’Cause you make me happy」。「ネガイゴトは願うだけで近づいてく どこまで行こうか?」と手を大きく左右に振りながら歌われるハッピーオーラ全開のこの曲で会場は多幸感で満たされた。初のチャートインで1位を獲ったこの曲には「エンディングにふさわしい感じですね」(安藤)、「『1010~とと~』のカップリングなのに凄いよね。みんな好きなのね」とメンバーも納得の様子で、無事20曲を歌い上げ冬の大リクエスト祭は終了した。

No image

2014年に山下達郎の「踊ろよ、フィッシュ」をカバーしたことでポップミュージック愛好家にも認知が広がり、アイドルファン以外でも楽曲に対する評価が高いつりビット。今年5周年を迎える彼女たちは、声質の違う5人がユニゾンで聴かせるという魅力の他に、最近ではメンバーそれぞれがソロパートを歌う曲や、今までの世界観とは違う少し大人っぽい楽曲をレパートリーに加え、新たな一面も見せてくれている。この日のリクエスト祭は、彼女達の歌声をもっと聴きたいと思わせてくれる素敵なライブだった。

取材・文◎山村哲也

セットリスト<渋谷フィッシングセンター 〜冬の大リクエスト祭〜>

2018年2月12日 TSUTAYA O-WEST
1.ギョギョギョムーチョ
2.真夏の天体観測
3.恋のマジカルスイーツ~あなたの恋を叶えます~
4.恋愛戦線異常あり
5.スタートダッシュ!
6.裸足のマーメイド
7.不思議な旅はつづくのさ
8.Get ready Get a chance
9.釣りパーティー
10.Chuしたい
11.ズキズキ物語~恋のハロウィン大作戦~
12.バニラな空
13.レモン海岸
14.ウロコ雲とオリオン座
15.アイツのひざだっこ
16.桜じゅうたん
17.FISH ISLAND
18.ラムネ色のスケッチ
19.ニガシタサカナハオオキイゾ
20.’Cause you make me happy

ニューシングル「不思議な旅はつづくのさ」

2018年3月7日発売
TVアニメ『ミイラの飼い方』オープニングテーマ
【初回生産限定盤】RPK-1066/1067
●2枚組(CD+DVD)※
初回プレス分『特別イベント参加アクセスコード』封入
■収録曲
[CD]
01.不思議な旅はつづくのさ
02.ハピハピフィッシングデート
03.不思議な旅はつづくのさ(instrumental)
04.ハピハピフィッシングデート(instrumental)

[DVD]
1.「不思議な旅はつづくのさ」Music Video
2.「不思議な旅はつづくのさ」Music Videoメイキング映像

【通常盤】RPK-1068
初回プレス分「オリジナルトレーディングカード」10種ランダム封入
■収録曲
01.不思議な旅はつづくのさ
02.Piece of Cake
03.不思議な旅はつづくのさ(instrumental)
04.Piece of Cake (instrumental)

【各メンバーVer./5形態】RPK-1069~RPK-1073
■収録曲
01.不思議な旅はつづくのさ
02.不思議な旅はつづくのさ(Instrumental)

<つりビット5周年記念ワンマンライブ>

2018年5月27日(日) 川崎CLUB CITTA'
詳細は後日発表

関連リンク

■つりビット オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浜崎あゆみ、自身最多ロングツアー終幕で涙 小室哲哉の名曲も披露
パリピ出身者必見! イベント『ROSETTA』第二弾の開催が決定
松たか子&椎名林檎「Mステ」で豪華初コラボ 「おとなの掟」生披露
アン・ルイス、1972〜1977年に発売した初期アルバム全7枚を初復刻/紙ジャケ仕様で3月7日に一挙発売
三代目JSB・今市隆二、『LOVE or NOT♪』最終回でソロ曲を熱唱!「すごく刺激を受けましたし、勉強になりました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加