キアの欧州ベストセラー「シード」、次期型スポーツワゴンを目撃

キアの欧州ベストセラー「シード」、次期型スポーツワゴンを目撃

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/11
No image

キア シードスポーツワゴン 次期型スクープ写真

もっと画像を見る
キアのCセグメント・ハッチバック『シード』の派生モデルとなる『シード スポーツワゴン』次期型の姿を初めてキャッチした。撮影に気づいたドライバーが慌てて去ったためリアビューを撮影出来なかったが、次期型では馬力が大幅に向上するという情報を入手することができた。

シードは、2006年に初代が登場。2012年に2代目へ引き継がれ、次期型で3世代目となる。欧州ではベストセラーとなり確固たる地位を築いているが、次期型ではさらなる進化を見せる。

パワートレインは、「GTライン」から流用される1リットル直列3気筒エンジン、1.4リットル直列4気筒エンジン、1.6リットル直列4気筒エンジンをラインアップし、すべて130psを超える最高出力を発揮するという。また燃費は7%以上改善されるようだ。スポーツワゴンとしては荷室容量の向上も確実視されている。

ワールドプレミアは、「シード ハッチバック」が3月のジュネーブモーターショーと見られており、「スポーツワゴン」は2018年秋以降が予想されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クルマのカスタム、どこまで突き抜ける? 「東京オートサロン」のすごいクルマ9選
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
Mr.ビーン役で知られるローワン・アトキンソン氏が、ドイツ製とイタリア製2台のスポーツ・サルーンをオークションに出品!
お金持ちは「暴落局面」でどう動く?危機前の動きに学ぶ成功の本質
大変革の自動車業界、タイヤメーカーにとってピンチかチャンスか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加