帝国電機が年初来高値、18年3月期業績予想の上方修正を好感

帝国電機が年初来高値、18年3月期業績予想の上方修正を好感

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/11/13
No image

帝国電機製作所<6333>が3日続伸。一時140円高の1390円まで買われ、10日に付けた年初来高値1252円を更新している。前週末11日引け後、18年3月期の連結業績予想を上方修正し、好感された。

通期業績予想で、売上高が196億5200万円から203億3300万円(前期比5.5%増)へ、営業利益は18億3900万円から23億400万円(同34.6%増)に引き上げた。主力のポンプ事業が、国内では引き続き堅調に推移するとしたほか、海外では中国市場を中心に売り上げの増加を見込む。

18年3月期第2四半期(17年4-9月)の決算は、売上高が93億5100万円(前年同期比3.0%増)、営業利益が9億1300万円(同22.7%増)だった。

午前11時10分時点の株価は、前週末比132円高の1382円。(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
信用調査マンが解説する“企業の壊れ方”
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
東芝が6000億円の増資決定 上場廃止回避へ
時代遅れの「現金主義国家」日本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加