小池都知事がベストドレッサー賞 秘けつは「ソフィスティケイト」

小池都知事がベストドレッサー賞 秘けつは「ソフィスティケイト」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30
No image

東京都の小池百合子都知事が30日、「ベストドレッサー賞」の政治部門を受賞した。小池都知事は環境大臣時代の05年にも受賞しており、2度目の栄誉となった。

都内で行われた発表・授賞式に出席し、濃い青のジャケットに黒色のロングスカートで登壇。表彰状やトロフィーを受け取った。ファッションの秘けつについて尋ねられると「彩りとか、ソフィスティケイト(洗練された)というか」と、お得意の横文字も飛び出し、「またルー大柴さんなんて言われそうですが…」と苦笑いする一幕もあった。「ええかっこしいかもしれませんが、使命、都民ファーストということで、それを実現したいなと、その思いでございます。その1点に集中しようと思います」と、本業についても意気込んでいた。

選考理由は「環境大臣の時はドレスコード革命で日本をクールにし、都知事として豊洲市場問題や都政の改革で東京をホットにしている小池さん。リオオリンピック・パラリンピックで印象的だったように、ファッションにおいても使命感と信念を表現し器用に着こなす、政治家の模範となるベストドレッサーです」と、説明された。

この他には、芸能部門で女優の松下奈緒、俳優の菅田将暉、スポーツ部門で女子レスリング五輪4連覇を達成した伊調馨、インターショナル部門で俳優の別所哲也、経済部門で株式会社ファミリア社長の岡崎忠彦氏、学術・文化部門で「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズで知られる漫画家の荒木飛呂彦氏が選ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
内田理央が“お尻スケスケ”ショットの裏話を明かす
KinKi Kids・堂本光一、「辞めたいなと思った」告白で大荒れ......“オンリー担”「剛から解放してあげて」
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
白石美帆にV6長野博との結婚を「急がせた」2人の女優
  • このエントリーをはてなブックマークに追加