お泊まり女子会にオススメ!ひとつの部屋にみんなで泊まれる連泊滞在型アパートメントホテル『MIMARU』

お泊まり女子会にオススメ!ひとつの部屋にみんなで泊まれる連泊滞在型アパートメントホテル『MIMARU』

  • @DIME
  • 更新日:2018/02/15

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆全室キッチン、ダイニング付きの滞在型ホテル

世界人口の増加や新興国の発展に伴い、海外旅行者は増加の傾向にあるが、訪日外国人旅行者も増大しており、2017年は対前年19%増の2869万人が日本を訪れた。日本政府目標値として2020年のオリンピックイヤーは4000万人、2030年は6000万人を掲げている。

訪日外国人の旅行同行者の内訳を見ると60%が家族や友人といった3名以上のグループだが、日本の宿泊施設では4~6名のグループが連泊をするときに対応する施設の供給が少ないのが現状だ。こうしたニーズに対応する施設が、住宅開発を行ってきたコスモスイニシアが展開する、4~6名の連泊滞在型アパートメントホテル「MIMARU」。第一弾となる「MIMARU東京上野NORTH」が2月8日にオープンした。

No image

JR上野駅の入谷口から徒歩5分ほどの場所にあり、1LDKタイプを中心とした4人部屋、6人部屋の5タイプ全40室。全室にキッチン、ダイニングスペース、調理器具、食器を常備し、部屋の中で食事を作ったり、ウーバーイーツや寿司などの出前の食事を楽しむといった“暮らすような滞在”を提案している。バス、トイレも全室セパレートタイプ。下記画像は2段ベッド付きの6人タイプで約50m2あり、ビジネスホテルやツインルームの4倍ほどの広さ。グループが同じ部屋に泊まれる、開放感、自由度があるなど、グループ客のニーズに応える仕様となっている。

No image
No image

スイートにあたるプレミアムは2室で共に6人部屋。掘りごたつのある「ジャパニーズ プレミアム6」と、リビングのある「プレミアム6」で、100cmのハリウッドツインタイプのベッドと2段ベッドの構成。

No image
No image

また持ち出し可能なスマートフォンが1部屋に1台用意されており、周辺環境の案内や、多言語で対応するチャットボットのAIコンシェルジュ機能、出前の注文や、ホテルの内線としても機能。国内の通信、通話は使い放題で、国際電話は中国、香港、台湾、韓国、タイ、アメリカへは無料通話ができる。

No image

室料はルームチャージで人数に関わらず同額を設定。平均すると3万円台で、時期や休日によって異なる。4人部屋で2~4万円、プレミアムで3~5万円を予定している。昨年11月から予約を開始。ブッキングドットコムなどのオンラインのトラベルエージェントや、自社サイト、Facebookからの直接予約も可能。現在のところ予約の8割は外国人だが、GWや土日、連休などは、東京観光に訪れる日本人の予約が全国から入っているとのことだ。

◆東京・京都・大坂を対象エリアに順次拡大

「MIMARU東京 上野NORTH」はオフィスビルをコンバージョンしたホテルだが、4月にオープンする「MIMARU東京 赤坂」は新築のホテル。「MIMARU」は東京・京都・大坂を対象エリアに順次拡大していく予定で、現在開発中のホテルは17棟。上野NORTH、赤坂以外で今年だけでも日本橋水天宮前、上野EAST、上野稲荷町、京都堀川六角、京都新町三条のオープンを予定している。

「キッチンを設けて外食だけでなく部屋で家族や友人と夕食を取ることができ、各アクセスへの足回りの良さと飲食施設が近くある場所であれば、施設の中にあえて飲食を取り入れる必要がないということが当社のアパートメントホテルのコンセプト。それにより運営効率が高まると考えており、最低40室以上あればビジネス上やっていけると判断、敷地面積は最低100坪程度から開発し、大手のホテルと競合することなく用地を取得することが開発推進の強み」(コスモスイニシア 代表取締役社長 高木嘉幸氏)

上野NORTHでは4人部屋と6人部屋だが、赤坂では5人部屋を設けるなど、施設によってタイプは分かれる。上野NORTHはベッドが備え付けだが、赤坂はソファーベッドタイプ、和室のスペースに布団を敷くタイプなどさまざまなタイプを作り、どのタイプが評価されるか見極めた上で今後どのタイプをメインにするか決めていくとのことだ。

No image
No image

【AJの読み】お泊り女子会にも使えるかも

その街に住むという感覚のアパートメントホテルが海外では多く存在するが、訪日外国人客の増加で日本でも徐々に増えつつある。自炊ができてランドリーもあり、リーズナブルで泊まれるなどメリットも多い。旅館は家族やグループが一室で泊まることができるが、都市部の場合はツインやダブル、シングルなどのビジネスホテルやシティホテルが主流で、「MIMARU」のようにグループ客に特化した宿泊施設は、外国人だけでなく東京観光、京都観光に訪れる日本人にもニーズが高いと思われる。最近注目されている「お泊り女子会」にも使えそう。

文/阿部 純子

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
池袋東口が“巨乳女子の聖地”に
【心理テスト】“最初に見えた動物”でわかる「アニマル性格診断」であなたの価値観が判明!的中率抜群で戦慄するレベル
時間返せ!三菱東京UFJ銀行が社名変更するも思わず二度見
娘は親のもの? 「30歳を過ぎている娘」に過保護な親がした最低行動3選
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加