ブラジル人MFレオ・シルバが認める“勝てる選手” J公式動画で「マイベスト11」選出

ブラジル人MFレオ・シルバが認める“勝てる選手” J公式動画で「マイベスト11」選出

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/01/14
No image

攻守のバランスを考えた配置 リーグ優勝の川崎からは中村ら最多の5人を選出

J1鹿島アントラーズのMFレオ・シルバが、昨年のJリーグにおけるベストイレブンを選出。Jリーグ公式YouTubeチャンネルでその様子を公開した。Jリーグ屈指のボランチは、最後まで優勝を争った川崎フロンターレから最多の5人を選ぶなど、攻守のバランスと勝利への貢献度を重視したセレクトが特徴的だった。

No image

GKには柏レイソルから日本代表GK中村航輔を選出し、最終ラインは4バック。右から川崎のDFエウシーニョ、横浜F・マリノスのDF中澤佑二、浦和レッズのDF槙野智章と選びし、左サイドバックには川崎の日本代表DF車屋紳太郎を抜擢した。とりわけ、サイドバックには「守備のポジションで、攻撃の部分での貢献度も高かった」エウシーニョ、「攻撃能力も高いけど、守備能力も非常に高くて安定したプレーヤー」の車屋と攻守両面でのハイパフォーマンスに重点を置いたようだ。

中盤では、右サイドハーフにセレッソ大阪からMF清武弘嗣を選出。中央には川崎のMF中村憲剛と、C大阪のMFソウザを並べた。そして、左サイドハーフには川崎からMF家長昭博を選んでいる。両サイドはゲームメイク力の高い二人、そして中央には「視野の広さ、展開力、ゴール付近の味方に通すパスが非常に優れている」と紹介した中村と、「守備能力が非常に高い点と、奪ったボールの展開力、組み立ても非常に優れていて、決定力もある」ソウザというバランスを考慮した顔ぶれだ。ちなみに、中村は同企画でボランチにレオ・シルバを選んでおり、お互いに認め合う“相思相愛”となっている。

2トップは、昨季得点王レースでワンツーフィニッシュの川崎FW小林悠とC大阪FW杉本健勇。二人とも中盤のゲームメイク力を生かせる決定力を備えており、リーグ優勝と3位のチームのエースとして勝利へと導いた「貢献度」を高く評価していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、レオ・シルバが選ぶ最高の11人「マイベストチーム」

https://www.youtube.com/watch?v=t46YVn9KPs8

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、レオ・シルバが選ぶ最高の11人「マイベストチーム」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和の命運がかかる大一番で下された、エース・福田正博への非情采配
中村俊輔に続いて......Jリーグの横浜F・マリノスと齋藤学に起きた“不可思議なループ”
長崎シーチケは画期的“分割払い可”「金利・手数料はジャパネットたかたが負担」
森保ジャパン高3磐田MF伊藤洋輝「やっと」先発へ
U21日本代表、北朝鮮戦のスタメンを発表...第2戦から全員を入れ替える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加