本田、後期初めて得点に絡まずもパチューカは初の連勝

本田、後期初めて得点に絡まずもパチューカは初の連勝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/15
No image

[2.14 メキシコ1部後期第7節 パチューカ2-0ティファナ]

FW本田圭佑の所属するパチューカは14日、後期リーグ第7節のホームでのティファナ戦を行い、2-0で勝利した。本田は後半44分まで出場して、後期初の連勝に貢献している。

18年に入ってから始まった後期リーグ全試合で得点に絡むなど絶好調の本田。このいい流れをチーム全体に波及したいところだ。前節は連敗を2で止めたパチューカ。後期初の連勝を狙う。

立ち上がりからチャンスを作ったパチューカは前半21分、中央をワンタッチのパス回しからFWアンジェロ・サガルが左足でゴールネットを揺らして先制。前半を1点リードで折り返す。

後半は本田を1トップにしたシステムでさらに得点を奪いに行く。ただなかなか追加点は奪えず、本田のFKからも決定機は生まれなかった。

本田は後半44分に交代となったが、直後にカウンターからMFエリック・アギーレのシュートのこぼれ球をMFエリック・グティエレスが押し込んで加点。2-0で試合を終えた。

●海外組ガイド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
チェルシー戦の注目はパウリーニョ。バルサ「6番」の系譜とは何か
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
平昌五輪スキー選手の父親 スイスから1年かけて自転車で応援に駆けつける
長谷部がケイタに激昂!“大荒れ”上位対決は逆転勝利のフランクフルトが3位浮上
カナダとドイツが同タイムで金メダル、ボブスレー男子2人乗り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加