ラツィオFWケイタ、イタリアS杯に招集せず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15

13日(日本時間14日)にローマでイタリア・スーパー杯ユベントスーラツィオ戦が行われる。

ラツィオのS・インザーギ監督はこの試合に向け、ケイタを招集しなかった。「この試合は全力を出さなければならない。ケイタはそれに見合うメンタルと適切なモチベーションを持っていればプレーさせるが」とコメントし、招集しなかった。ケイタは自身のツイッターに「とても残念だ。シーズン最初の大切な試合で、そのために準備をしていたのに。クラブの決定はスポーツ面以外のものだろう。私はこれにより精神的なダメージを受け、どう行動していいかわからない」と書き込んだ。

ユベントスがケイタの獲得を望んでおり、本人も移籍したがっているといわれている。ただしラツィオのロティート会長は最初に決めた移籍金2500万ユーロ(約32億5000万円)+ボーナスから動く気配はない。ユベントス側は1500万ユーロ(約19億5000万円)から1800万ユーロ(約23億4000万円)でオファーしているが、ケイタの契約終了が近く、その時にはゼロで獲得できるため、金額を上げるつもりはない。ただし、試合前後に両クラブの幹部が話し合う可能性もあるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和ファンとシャペコエンセの美しい“交流”。ブラジル国内の反応は?
長友が移籍報道について言及「どんな場所でも自分にできる精一杯の努力を積み重ねるだけ」
レアル至宝 苦情の決断迫る
マンUが33歳ロッベン獲得を検討か...モウリーニョと再タッグの可能性も
東京MF中島翔哉、ポルトガル1部へ移籍決定的
  • このエントリーをはてなブックマークに追加