広島が26年ぶり本拠地舞いへ“雨天決行シフト”!松山、台風でも「やりたい」

広島が26年ぶり本拠地舞いへ“雨天決行シフト”!松山、台風でも「やりたい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/16

セ・リーグ優勝へのマジックナンバー「1」の広島は、16日からマツダスタジアムでヤクルトとの2連戦を迎える。1991年以来、26年ぶりの地元Vを目指すが、気がかりなのは台風の影響。松山竜平外野手(31)は15日、「あした(16日)だけでもやりたい!!」と願い、関係者も“雨天決行シフト”を組んだ。パ・リーグではソフトバンクも優勝マジック「1」で、58年以来、59年ぶりのセ・パ同日Vもありえる。

優勝へのマジックナンバーは「1」。あとはゴールテープを切るだけの広島に、最大の“敵”がやってくる。南方から接近する、非常に強い台風18号だ。1991年以来、26年ぶりの地元胴上げを目前に、文字通りの暗雲-。全体練習はオフの中、本拠地を訪れ、田中、菊池、丸らと汗を流した松山が、空を見上げて悲痛な声をあげた。

「天気は自分で決めることもできないし、天気には勝てない。あさって(17日)は無理でしょ。あした(16日)だけでも、やりたい!!」

マジック「2」で迎えた前日14日、DeNAに勝利。2位・阪神が巨人と引き分け、一気に頂点とはいかなかったが、あと「1」とした。16日からの最下位・ヤクルトとの2連戦で勝つか引き分けるか、あるいは阪神が中日との2連戦(甲子園)で負けるか引き分けるかで、優勝が決まる。普通に考えれば、80年以来、37年ぶりの連覇を、地元で決める展開は揺るがないのだが…。

天気予報によると、16日は明け方から夜にかけて雨模様。17日は台風18号が中国地方に接近する見込みで、2日連続で雨天中止の可能性も出てきた。阪神の結果次第で、試合がない中での優勝となってしまう。甲子園で阪神が勝利、または中止を重ねれば、18日の阪神戦(甲子園)に持ち越す。昨年は9月10日、東京ドームの巨人戦でVだっただけに、是が非でも本拠地で優勝試合を開催したい球団は、動いた。

午後3時頃、グラウンドキーパーが天然芝球場のマツダスタジアムに集結。職員7人でマウンド、ファウルゾーン、塁間などのアンツーカー(赤褐色の土)の上に防水シートを敷いて“雨天決行シフト”を組んだ。

担当者は「あした(16日)試合が開催できるように準備していきたいです」と力を込めた。17日は台風接近のため、強風で飛んでしまう可能性のある防水シートは、敷くなどの対策をとれない。特にマツダスタジアムは左翼後方に山陽新幹線などの電車が走り、架線に引っかかると多大な影響が出るため、大きな物が飛ぶ危険は排除しなければならないという。とにかく、16日に開催したいところだ。

丸が「自力で決めるのが一番」といえば、松山は「早く決めたい!!」と心の底から叫んだ。球場周辺ではこの日から、自由席の見やすい場所を求めて徹夜組が列を作った。ソフトバンクもマジック「1」で、58年の巨人&西鉄以来、59年ぶりのセ・パ同日V決定もありえる、9・16。歴史的な日になることを、カープナインと全国の鯉党は祈っている。 (柏村翔)

2年連続の胴上げ投手へ意欲を示す広島・中崎「しっかりがんばります。みんな試合をやりたいと思っている。あした(16日)は大丈夫でしょう。小雨程度でしょう」

No image

雨雲よ、飛んでいけ!? きょう先発の薮田は、真上にボールを投げる練習などで臨戦態勢を整えた(撮影・森田達也)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】メジャーNO1遊撃手が教科書のような頭脳プレー、解説「子供に見てほしい」
多摩大聖ヶ丘vs実践学園
高校野球ドットコム
【イップスの深層】 給料0円でも、一二三慎太が再び投手に挑むわけ
日立製作所・鈴木に10球団視察 ロッテ・スカウト「素材は間違いない」
阪神メッセ、27日2軍戦で甲子園デモ 金本監督驚く回復力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加