“危険”オリックス2軍本拠地舞洲 改善を検討

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/14

オリックスが今季から2軍本拠地として使用している舞洲サブ球場の施設改善を検討していることが13日、分かった。

球場外周に走路が設けられているが、フェンスが低く、柵越えした打球が当たる恐れがあるため活用機会が限られている。代わりに外野のポール間でランニングを行っているが、打球が直撃する被害が続出した。長村球団本部長は「フェンスを造ることも含めて検討している」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮入団で斎藤佑樹が泣きをみる?背番号未定は「大谷のせい」の声も
阪神金本監督、納会で「2位は敗者」悔しさ消えず
日本ハム・大谷 移籍後は「英語よりも野球。野球の技術が必要」絶妙トークショー
大谷翔平が清宮に言及「僕とは真逆」 ハムは「見本になる先輩たくさんいる」
自分のワンピに1万5千円!?産前産後で変わったなぁ〜と思うこと3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加