入社後に期待を裏切らない企業ランキング!1位はあの有名コンサル

入社後に期待を裏切らない企業ランキング!1位はあの有名コンサル

  • ダイヤモンド・オンライン
  • 更新日:2018/04/25
No image

4月も下旬になり、今年の新入社員が入社してからまもなく1ヵ月が経とうとしています。期待を胸に入社した会社の実態がイメージとは大きく異なり、そのギャップに戸惑っている新入社員は少なくないでしょう。

新卒で入社した社員のうち、3割が3年で離職すると言われる昨今、企業としてはこの「入社後ギャップ」をいかに埋めるかが、社員の定着率を高めるうえで非常に重要になっています。

そんななか、就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズは、入社前に抱く期待を裏切らない企業をクチコミから調査し、「期待を裏切らない企業ランキング」を発表。Vorkersに投稿された「入社後ギャップ」に関するクチコミを機械学習によって解析し、よりギャップが少ない企業をランキング化しています。

入社後のギャップが少ない企業、つまり、期待を裏切らない企業にはどのような特徴があるのでしょうか。「期待を裏切らない企業ランキング」の結果とクチコミから、入社後ギャップが少ない企業の実態を探っていきましょう。

1位はマッキンゼー、2位は特許庁! 入社後ギャップが少ない企業ベスト10とは?

まず、入社後ギャップが少ない「期待を裏切らない企業」の1位となったのは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社です。2位には特許庁、3位にはリクルートマネジメントソリューションズがランクインしました。

No image

拡大画像表示

※「Vorkers」に投稿された「入社後ギャップ」に関する会社レポートが20件以上ある企業1783社への投稿12万2696件を対象データとして集計しています。

「実力主義企業」と「長期安定企業」がランクイン!

今回トップ10位にランクインした企業は、その特徴から大きく2つに分けることができます。

まず1つ目が、1位のマッキンゼー、3位リクルートマネジメントソリューションズ、8位ボストンコンサルティンググループ、10位PwCアドバイザリー合同会社に代表される「実力主義企業」です。

マッキンゼー・アンド・カンパニー社員のクチコミ

「入社を決めた理由:ビジネススキルの短期間での向上。経営視点を学ぶため。国際的な環境で働くため。

入社理由の妥当性:目的は達成できたため、満足している。ただ、元々将来的には自分で事業をやることを考えていたため、その観点では他社の方が適していたかもしれないと感じる。将来コンサルタントとしてやりたい、また、まだキャリアに悩んでいる人に最適な環境かと思う。(コンサルタント、男性)」

一方、2位の特許庁や、6位のNTTといった「長期安定企業」がランクインしているのも今回のランキングの特徴です。

特許庁で働く人のクチコミ

「入社を決めた理由:専門性が高く入庁後も自己研鑽ができることと、ワークライフバランスが取りやすいことを重視した。

入社理由の妥当性:概ね、入庁理由は妥当だった。研修制度は非常に充実しており、入庁から3ヵ月程度ある審査官補コース研修に加え、1年目からも多くの技術研修に参加が可能である。また、審査業務は基本的に単独で行うため、定時退庁や有給の使用は気兼ねなくできる。(審査部門、男性)」

今回分類した「実力主義企業」と「長期安定企業」では性質が正反対ですが、それぞれ入社後に期待できることや働き方がイメージしやすいのが特徴です。そのため、入社後にギャップが生まれにくい結果になっているではないでしょうか。

(本記事はVorkers[ヴォーカーズ]からの提供データを元に制作しています)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「本を買うならアマゾン」はなぜ危ないか
ソニー、一瞬の絶頂か...最高益の死角 直近四半期「722億円減益」の意味
「安値で買い叩く」ブックオフ、経営危機に...「ヤフオクのほうが高く売れる」浸透で店に行く意味消失
ウォルマートのレジなし精算システム、導入を中止
AE86、GT-R、往年の名車や憧れのスポーツカーに特化したレンタカーサービスがあった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加