阪神・糸井、6度目猛打賞!今季初の1試合2盗塁も...試合後は無言

阪神・糸井、6度目猛打賞!今季初の1試合2盗塁も...試合後は無言

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

(セ・リーグ、阪神2-2巨人=延長十二回規定により引き分け、22回戦、巨人12勝8敗2分、14日、甲子園)糸井は5打数3安打と気を吐いた。猛打賞は今季6度目。自身今季最多タイとなる11試合連続安打。一回には、11球目を左前打。大山の適時打で2点目のホームを踏んだ。九、十一回はいずれも先頭で安打を放つと、十一回には二盗に成功。今季初の1試合2盗塁でサヨナラの好機を演出したが…。勝ちきれず、試合後は無言だった。

No image

1回、左前打を打つ阪神・糸井=甲子園球場(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
楽天則本怒りの鉄拳、野茂以来快挙もCS決定もぶ然
21年間の現役生活に幕 井口資仁の偉大な野球人生を振り返る
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加