TOKIO長瀬 TKO木下から絶賛も木本から“クレーム”「しゃべりかけてくるから...」

TOKIO長瀬 TKO木下から絶賛も木本から“クレーム”「しゃべりかけてくるから...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/12

TOKIOの長瀬智也(39)が12日、都内で行われた主演映画「空飛ぶタイヤ」(15日公開)の公開直前イベントにお笑いコンビ「TKO」とともに出席した。

No image

映画「空飛ぶタイヤ」の公開直前イベントに出演した(左から)TKO木本武宏、長瀬智也、TKO木下隆行

人気作家・池井戸潤氏の小説を映画化。長瀬は「池井戸作品にはたくさんのファンの方がいて、ドラマ化もされているが、映画にしかない良さもあると思っている。何かメッセージが感じられるのでは」とアピールした。

「TKO」の2人も同映画に出演。木下隆行(46)は長瀬と共演した印象を「優しい。周りの空気を見て楽しくさせてくれる。芸人にもウェルカムで、撮影の休憩中もバイクの話をしてくれていた」と人柄を絶賛。一方、木本武宏(47)の方は長瀬へ“クレーム”。「主役だし長瀬くんはスターなのにみんなにしゃべりかけてくれる。でも(自分は)一生懸命標準語のセリフを覚えて反すうしてるのに、しゃべりかけてくるから『よーい、スタート』で(セリフ)大阪弁をしゃべってしまった」と明かして、会場の笑いを誘っていた。

イベントでは映画のテーマに合わせ、「生存競争(いきていくの)はつらいよ闘う戦士(もの)たちへ」川柳コンテストが開催された。「サザンオールスターズ」が歌う主題歌の歌詞「しんどいね、生きていくのは」と思った瞬間をテーマに、事前に川柳を募集。その中から「サザンオールスターズ賞」、「長瀬智也賞」、「TKO賞」が発表され、賞品がプレゼントされた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『マンマ・ミーア!』 最新作のエモすぎるダンスシーンが一足先に日本上陸!
6月19日の注目映画第1位は『万引き家族』
ジュリエット・ビノシュ、河瀨直美監督を絶賛。「撮影の手法が新鮮だし快感だった」
緊縛SMで性奴隷が開花...早大、農大、クォーターの才媛3人が「第2の壇蜜」を賭けて艶技バトル【写真12枚】
ガラス製の彫刻を壊した5歳児の親、1400万円請求される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加