豊ノ島、十両復帰へまず1勝「星を一つでも多く勝ち越す」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15

「大相撲九州場所・初日」(12日、福岡国際センター)

元関脇で西幕下13枚目の豊ノ島(34)=時津風=が白鷹山(高田川)を寄り切って白星発進した。2度目の立ち合い。鋭く踏み込み両差しで一気に攻め切った。「ここ最近では一番気持ちいい立ち合いだった」と会心の笑みを浮かべた。

昨年の名古屋場所前に左アキレス鍵を断裂。2場所連続休場し十両も陥落した。幕下7場所目の今場所は全勝優勝なら十両復帰が可能な番付に上げてきた。

「ワンチャンスを意識はしてますけど、それは4連勝、5連勝した時。まずは星を一つでも多く勝ち越すことを目指す」と意気込んだ。

今場所は39歳の安美錦(伊勢ケ浜)が再入幕。「すごすぎて、別世界。5年後に同じケガをして、もう一回土俵に上がろうという気持ちにはなかなかならない。自分では考えられない。自分は自分」と、自らに言い聞かせた。

左足首には真っ白なサポーターを広範囲に巻き付けている。「なくてもいいけど、ワンポイントおしゃれ。髪が落ちてくる人がカチューシャをするみたいなもの」と、笑わせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なんと取り直し3回!大相撲 伝説のうっちゃり勝負の微妙な行方は!?
横綱・日馬富士の暴行事件、相撲協会と”提訴を強行した”貴乃花の対立構図に
「暴力の事実認めた “ビール瓶”はっきりしない」
ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」
焦点は「貴乃花親方」に移った 日馬富士問題、続く非難と憶測の応酬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加