公取委がジャニーズ事務所に“今のタイミングで”注意した「理由」とは?

公取委がジャニーズ事務所に“今のタイミングで”注意した「理由」とは?

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2019/07/19

2016年12月31日のSMAP解散と同時に、ジャニーズ事務所から独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。公正取引委員会は、この3人をテレビ出演させないよう圧力をかけていた疑いがあり、独占禁止法違反(不公正な取引方法)につながる可能性があるとして、ジャニーズ事務所に注意していたことが7月17日、一斉に報じられた。 この件について、ジャニーズサイドは、テレビ局に対し圧力をかけたなどについて否定したうえ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加