ジュニアGPF 須本光希は自己ベスト77・10点で3位発進「夢のような時間」

ジュニアGPF 須本光希は自己ベスト77・10点で3位発進「夢のような時間」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

SPで演技する須本光希

「フィギュアスケート・GPファイナル」(7日、日本ガイシホール)

ジュニア男子ショートプログラム(SP)が行われ、日本勢で唯一出場の全日本ジュニア王者・須本光希(16)=大阪・浪速高=はミスのない演技で77・10点の自己ベストをマークし、3位発進を決めた。

「日の丸がたくさん揺れていて、夢のような時間だった」。冒頭のトリプルアクセルを力強く決めると、続く3回転ルッツ、後半の3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプも成功。すべて加点のつく出来で、演技後は左拳を握り、ガッツポーズした。

首位とは4・23点差。15年の山本草太(3位)以来の表彰台、14年大会の宇野昌磨以来の優勝も射程圏にとらえる。羽生結弦に憧れる16歳は、8日のフリーに向け「気持ちを切りかえて、お客さんの心に残るような演技をしたい」と、意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浅田真央さん「みんな平等に出場できることを願う」 ロシア五輪禁止「残念」
【岡崎真の目】羽生 ぶっつけでも演技、プログラムには心配少ない
羽生結弦 氷上練習再開へ 調整期間1週間 厳しい状況も...全日本出場あきらめない
ファイナル女王のザギトワ妖艶な舞 トラ柄タイツで魅了
靭帯損傷の羽生結弦 腱と骨にも炎症 練習再開は「まだ決まっていません」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加