川西集団暴行死、33歳女に懲役11年 神戸地裁判決

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/02/15

兵庫県川西市で集団生活をしていた肥後恭子さん=当時(25)=が平成25年、一緒に生活していた男女に暴行され死亡した事件で、傷害致死などの罪に問われた無職、田口恵子(33)ら3被告の裁判員裁判の判決公判が15日、神戸地裁で開かれ、川上宏裁判長は恵子被告に懲役11年(求刑懲役12年)を言い渡した。

また、恵子被告と内縁関係にあった下地道嗣(みちつぐ)被告(35)は懲役9年6月(同10年)、下地被告と養子縁組をしていた田口貴慎(たかのり)被告(26)は懲役6年6月(同7年6月)だった。

川上裁判長は判決理由で、恵子被告について「(暴行に)主導的に関与した」と指摘。下地被告も「暴力をやめさせることができる立場だったが暴行に加わった」と非難した。

判決によると、3被告は共謀し25年10月16日、川西市内の住宅や路上で肥後さんを暴行、死亡させた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「誰だ、上野駅で粗相したのは...」 相次いだツイッター報告をJR東に聞いた
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
結局「働き方改革」で何がどう変わり我々の仕事はどうなるのか?
敷地外でタバコ吸ったら45分は立入禁止 北陸先端大のルールに「いい取り組み」vs「意味がわからない」
覚醒剤の「素」の液体隠し持っていた疑いで男逮捕、国内で初摘発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加