新人賞受賞作が本誌連載へ 『サンデー』で“大型新人”がデビュー

新人賞受賞作が本誌連載へ 『サンデー』で“大型新人”がデビュー

  • ORICON STYLE
  • 更新日:2016/10/19
No image

『週刊少年サンデー』47号の表紙=小学館提供

きょう19日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)より、新人作家・三ツ橋快人氏の漫画『RYOKO』の連載がスタートした。同作は『新世代サンデー賞』大賞を受賞しており、受賞作がそのまま本誌連載となるのは異例のこととなる。

【画像】三ツ橋快人氏の新連載『RYOKO』予告カット

漫画家デビューの多くは、通常編集部への持ち込み、新人賞受賞、読み切り作品の掲載を経て、本誌連載となる。受賞作がそのまま連載となるのは、『週刊少年サンデー』史上では、『帯をギュッとね!』(河合克敏氏)、『うしおととら』(藤田和日郎氏)以来。

連載に抜てきした、同誌の市原武法編集長は「今回の新連載『RYOKO』は、今すぐに読者の皆様に届けるべき作品だと強く感じたのです。そこには常識や先入観、過去の成功の方程式などは必要ありませんでした」とコメント。「少年サンデーは今、次々と若き才能たちが躍動し始めてくれています。そして今後も若き才能の大抜てきを続けていきます」と話している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【4コマ】コーヒーのカスは捨てないで!
運動センスのない高校生がラグビー部に、YJ新連載「フルドラム」
「ぬらりひょんの孫」の椎橋寛新作は、季語を題材にした幻想譚
不良少女×オタクのラブコメ「中古でも恋がしたい!」YGでコミカライズが始動
【4コマ】クイズ「長男、次男、三男」の次は?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加