日本ハムD4・万波が1軍デビュー 3の0も「ちょっとずつ自分のスイングができた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2019/08/14

日本ハムのドラフト4位・万波中正外野手(19)=横浜高=が14日、プロ入り後1軍初昇格。ロッテ19回戦(東京ドーム)に「9番・左翼」で先発出場し、3打数無安打だった。

二回のプロ初打席は相手先発、小島の140キロを直球にバットが空を切り3球三振。五回の第2打席は空振り三振、七回の右飛に倒れた。八回の1死二、三塁で打順が回り、代打を送られて交代。「最初は浮足だっていたけれど、3打席もらってちょっとずつ自分のスイングができた」と振り返った。

栗山監督は「もっとガンガンいってもいい。がむしゃらに周りは関係ない。もっともっとはちゃめちゃにやっていい」とさらなる期待を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ノムさんが監督として甲子園を目指す!? 大谷翔平にはなれない「超二流」の定義
【MLB】大谷翔平、お待たせ16号2ラン! 8月初アーチ、19戦74打席ぶり
阪神、ジョンソン流出絶対阻止...異例の超速残留交渉へ 他球団が興味
歴史的不作にスカウトはガックリ。スピード、パワー偏重の野球に喝!
森友哉の打棒が止まらない。野村克也以来、54年ぶりの快挙なるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加