テレ東新企画「お魚ぜんぶ獲ってみた」 東京湾で激レア生物続々!“人喰いザメ”も

テレ東新企画「お魚ぜんぶ獲ってみた」 東京湾で激レア生物続々!“人喰いザメ”も

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

話題沸騰の「池の水ぜんぶ抜く」シリーズを放送中のテレビ東京“日曜ビッグバラエティ”の新企画「東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた~深海500mカメラ仕掛けたら~」(後7・54)が17日に放送される。

No image

東京湾では2例目の確認となったヨロイザメ(C)テレビ東京

東京五輪に向けて世界遺産登録を目指す「東京湾」には一体何種類の生物がいるのか。番組では、世界に誇る大都市圏の豊かな漁場である「東京湾」に生息する生物を片っ端から獲りまくる。するとリポーターの小島よしお(36)が乗る船で新発見。東京湾でこれまで確認されたことなかった「ヒメコトヒキ」の捕獲に成功した。

さらに2009年以来、東京湾では2例目となる深海サメ「ヨロイザメ」の捕獲にも成功。同行していた専門家も見たことがなく、種類の特定がその場ではできなかったほど珍しいサメだった。また、専門家が思わず「博物館に持ち帰って剥製にしたい」と語ったほど珍しい「アブオコゼ」など、激レアの生物が続々登場する。

“人喰いザメ”の調査にも乗り出す。東京海洋大学の協力のもと、スペシャルチームを結成。すると、ダイバーから“人喰いザメ”と恐れられている「シュモクザメ」の撮影に成功。緑に光る「カラスザメ」や、南太平洋に分布する「ヘラツノザメ」も見つかった。

番組MCは、ゴールデンで初司会となる「メイプル超合金」のカズレーザー(33)と安藤なつ(36)の2人。スタジオゲストに田中要次(54)と稲村亜美(21)を迎え、9人の芸能人たちがリポーターとして腕利きの漁師たちと海に出向く。「池の水ぜんぶ抜く」シリーズに続く人気企画となるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ニュースキャスター』が学校給食問題を特集 ビートたけし「ガタガタ抜かさず黙って食べろ」
“抜け道”を見つけた元SMAPの3人
吉岡里帆史上最も衝撃的な演技を披露『世にも奇妙な物語』初主演でサイコスリラーに挑戦
ようやく本音を漏らした香取慎吾
元SMAPメンバーの鮮やかすぎる復活劇が、テレビ界の“地殻変動”を誘発する!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加