上野樹里が「人間味ある役ができた」と年上彼氏、父親と同居するヒロインに手応え

上野樹里が「人間味ある役ができた」と年上彼氏、父親と同居するヒロインに手応え

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2016/10/19
No image

上野樹里が「人間味ある役ができた」と年上彼氏、父親と同居するヒロインに手応え

中澤日菜子の同名小説を映画化した『お父さんと伊藤さん』(公開中)の舞台挨拶が、梅田ブルク7(大阪市)で行われ、上野樹里、藤竜也が登壇した。

本作は、20歳上のバツイチ男・伊藤さんと付き合っている彩のもとに、父親が転がり込んできたことから、奇妙な共同生活がスタートする物語。

上野は、「自然体で、ギャップなく、(実際の)自分との境目もなく、気負うことなく、カットがかかっても、そのままトンカツを食べ続けたりして、撮影が終わったら帰りにスーパーで食材を買って夕飯を作り、余ったらタッパーに入れて次の日の撮影に持って行ったりした。30歳目前だからこそ、こういう人間味のある役ができるようになった」とナチュラルに役になりきっていたとのこと。

藤も、「同棲している娘を持つ」という役どころについて尋ねられると、「一生懸命、(娘を)育てたつもりだったのに、びっくりしました。あまりにも冷たくて」とまるで実際に起こった出来事を振り返るかのような視線を上野に送った。

伊藤さん役には、リリー・フランキー。上野は「伊藤さんはいい役だけど、別の映画で悪い役をやっていますよね」と、リリーが福山雅治と共演した『SCOOP!』を意識。また、お気に入りのシーンについては「3人でボーリングをやりにいくところ。その1日が好きです」と挙げた。

藤は、「家族は時には厄介な関係。どうしようもない家族。伊藤さんは、彩と父親に『あなたたちはダメな人たちですね』と言いますが、そこで自分に思い当たるあたるところも、あると思います」と共感を口にした。

映画『お父さんと伊藤さん』は全国公開中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
監督の安齋肇が「変態だ」初日に遅刻、みうらじゅん「もう僕が撮ったことにして!」
まだ見ぬ明日。映画で描かれた滅亡後の世界の景色まとめ
劇場版『モンスト』が封切り メインキャスト感慨「ここまで来れた」
折り紙のような野生動物が室内を駆ける! 人間と自然の関わりを描いた動画「Paper World」が秀逸
セクシーな水着美女とムキムキマッチョマンたちが海の平和を守る映画「ベイウォッチ」予告編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加