不倫は呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

不倫は呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2017/09/17

世の中は不倫ブーム真っ盛り。しかし、実際に不倫している一人一人の女性に目を向けたとき、その背後には、様々な難題がのしかかってくる一方で、何の解決策も見つからないこの社会を生きる苦しみがあり、不倫という享楽に一種の救いを求める心理があるような気がしてならない。この連載では、そんな『救いとしての不倫』にスポットを当てていけたらと思っている。(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

今回紹介するのは、7歳年上の夫・良平(仮名)との間に3人の子供を持つ菊池弘子(仮名・53歳)。結婚後、優しかった夫にDVの兆候が表れ始め、生き地獄のような家庭生活から逃避するように、PTA会長の稲田浩平(仮名)と不倫関係に陥った。

<前編はこちらから>

出会い系で知り合った男に「心」を求めて

浩平と破局した後、弘子はインターネットの出会い系にハマり、そこで次の不倫相手を見つけることとなる。牢獄のような家庭生活から一瞬でも逃れられたらとの思いで、弘子は自分の「心」を満たしてくれる相手を求めていた。

No image

小学生ほどの背格好ということもあって、53歳には見えない弘子

その男性は不動産の営業マンで、月に1~3回は、千葉から100キロもの道のりを車で飛ばしてやってきた。弘子はそれがうれしかった。

やり手の営業マンということもあって、気遣いができて会話も面白い。相手の車でラブホに入り、そのままサービスタイムで昼間を過ごす。3年間もそんな関係が続いた。しかし、いつも会うのはラブホという密室。当たり前だが相手にも子供がいて、W不倫ということもあり、安易に外を出歩くわけにはいかなかった。

それでも弘子は、身体だけの関係だとは思いたくなかった。最初は、ラブホで会うだけでも楽しかったが、次第に普通の恋人同士のようなことをしたいと思うようになった。しかし、街でデートしたいという話をすると、それを巡って毎回必ず口論になった。

「私は、一口に不倫といっても、身体を求め合うというより、ちゃんと恋愛がしたかった。公園に散歩に行ったり、花火を見に行ったりという普通のデートがしたかったけど、それは無理だって言われたんです。やっぱり身体だけ求められているんだなぁと思いました。

“男の人って身体だけなんだよね?”って言って私が怒ったふりをすると、“そんなことないよ”とは言うけれど……。始めの何年かは優しかったんだけど、そういうのを2度3度と繰り返すと、向こうも嫌になったんだと思う。いつの間にか、連絡が途絶えちゃったんです」

ああ、私って馬鹿だな、大切な人をなくしちゃった――。弘子は、不倫相手が去っていくたびにそう思った。

「不倫っていう、本来であればしてはいけないことをしてるんだから、これで良かったんだと後で思ったんだけど、それでも本音は恋人同士みたいな遊びをしたかった。大切にされたかった。そういうのって、求めちゃダメなのかもしれないけど……」

寂しくて、辛くて、心細くて、誰かにすがりたい――しかし、不倫は、弘子にとって逃避でしかなかった。

夫の良平の両親は二人とも小学校の教員で、ほとんど家にいなかったそうだ。親からの愛情に飢えた幼少期を送った良平が理想とする家族像は、そのトラウマを反面教師にしたもので、「母親は常に家にいないとダメだ」というものだった。

「旦那のお母さんからも“自分たちが共働きだったから、ちゃんと子供を育てられなかったのよ。弘子さんは、ちゃんと家にいて、子育てをしっかりやってほしい。フラフラ外に出ていくことはしないでね。仕事なんかしないで”って言われていた。でも、それって私という人間をダメにするなと漠然と思っていました」

夫はPTA活動などの子供に関わることでの外出は認めていたが、弘子が外で働くことは絶対に許さなかった。自分の所有物という感覚がとても強く、思い通りにしないと激しく当たり散らした。

唯一、内職としてやっていた公文の採点で、採点者向けの講習会に行くことすら禁止された。「遠出する必要なんてない。ちゃんと家にいろ」――こっぴどく叱責され、怒鳴りつけられ、弘子は精神的に追い詰められていった。

DV、モラハラなど、あまりのストレスから突発性難聴も発症。この出口のない絶望から逃れるには、やっぱり離婚するしかない。度重なる不倫の末に気付いた結論、それは夫と妻という関係に終止符を打つことだった。

「お父さん、お願いだから私を解放して」と離婚を懇願

弘子は、夫に何度も離婚を懇願したが、夫はそれを聞くたびに怒り狂い、眼前で離婚届をビリビリと破いた。そのため、話は離婚調停に持ち込まれることになったのだが、品行方正そうな調停委員たちは、「そんなのどこの家庭でもよくある話よ」と訳知り顔で諭し、離婚を思いとどまるように説得した。予想外の展開に言葉を失った。調停委員たちは、いくら弘子がDVの現状を訴えても、全然聞く耳を持たなかったのだ。

「私は経済的に自立したいと思っていたけど、そんな私を旦那は馬鹿にしていた。そうはいっても、食っていけねぇだろ、と。“離婚したいだの、一人になりたいだの、よくそんな口が叩けるな。俺が食わしてやってるのに”。そう言われると、何も言えなかった。でも、何度も“お父さん、お願いだから私を解放して”って泣きついた」

弘子は根気よく離婚調停を続けた。夫との離婚が成立するまで9か月を要した。

手に職をつけることの必要性を強く感じた弘子は、紆余(うよ)曲折あって現在の介護福祉士という資格を2年がかりで勉強し、手に入れた。

弘子は、離婚して一度は家を出たものの、子供からの要望があって、現在は元夫と住んでいる。

「夫は一人では何もできないし、放っておけないという気持ちもあります。やっぱり結婚生活30年も経つと、完全には切り捨てられない。旦那は病んでるんですよ。きちんと愛情をもらわずに大きくなってるし、愛情表現もまともにできない。要するに、病んでる夫のところに、愛情溢れる家庭で育った私が来て、そのせいで私も病んじゃったんだなぁと。今振り返ってみると、その結果が不倫だったんだと思いますね」

60歳に近くなり、年老いた元夫は、もはや弘子の仕事に何も言わなくなった。弘子は現在、仕事の合間を縫って3歳年上の恋人と月に2回ほど会っている。セックスもするし、外で堂々とデートもする。

それは、弘子がずっと待ち望んでいた、身体だけの関係ではない、普通の恋人同士のような関係だった。

「例えば、雨が降ってきて、私しか傘を持ってなかったことがあるの。“いや、僕が持つから。腕を組んでくださいよ”って彼が傘を持って相合傘をしてくれた。もう、それだけで幸せな気持ちになる。私、そうやって相手に必要とされるのが好きなのかもしれない」

元夫とはいえ、恋人がいることを悪いとは思わないのだろうか? 単刀直入にそれを尋ねてみた。

「私ね、お父さんに今まで本当に尽くしてきたし、今も尽くしてるんです。もし病気になって身体が動かなくなっても、最期をちゃんとみとるって決めているの。だから、恋人がいても罪悪感は全くない。そう、でもね、いくら私に求められても、心だけは縛ることができない。もし、咎(とが)められたら、“これ以上、私に何を求めるの?”って言うかな」

弘子のまっすぐな目が私を捉えていた。

不倫は良くない、不倫はダメだ、そんな倫理を振りかざしても、不倫に走らざるを得ない個々の心情と、その心情を作り出す悲惨と向き合わなければ、根本的な解決には至らない――私にはとても彼女の足跡を断罪することができなかった。

それは、弘子の生活が何十年もの時を経て、今ようやく輝きだそうとしているからでもある。元夫は、そんな弘子の新しい船出を全く知らない。知ったところで、すでに離婚しているので、口を挟む権利もないかもしれない。

「今は、幸せですね。不倫で得たことは、自分もそうだったんだけど、みんな自分を愛せていないってことかな。あと、女は自立したほうがいいです。仕事は楽しい。介護の仕事は、汚かったりするし、夜勤もあるし、辛い時もあるけど、何よりも利用者さんから“ありがとうね”って感謝されるのは、“いや、こっちがありがとう”って言いたいくらい、うれしいことなんですよ」

「不倫体質」を自称する弘子の人生にとって、不倫は最初、逃避の手段であり、一つの救いであった。しかし、それが次の扉を開けるための起点となった。びくともしない扉に思われたが、文字通り体当たりでこじ開けたのだった。

一人の自立した人間として元夫と向き合えるまでに、思えば何十年もの歳月がかかった。夜勤明けで疲れていても、家に向かう弘子の足取りは不思議と軽い。

夫は年を取ったこともあり、家にいても寝ていることが多くなった。何よりも弘子との婚姻関係がなくなって、経済的に独立したこともあってか、弱気になって何かと頼ってくるようになった。

「お父さん、私なんて付属品だと思っているくせに、“アイス食べたい”とか、メールを送って甘えてくるんです。変なやつでしょ」

そんな元夫のために「これからアイスクリームを買って帰ります」と言って、弘子はとびっきりの笑顔で一礼すると、帰宅ラッシュでごった返す駅の構内に消えていった。

本連載ではご自身の不倫について取材させていただける女性を募集しております。こちらの応募フォームからお申込みください。

<著者プロフィール>
菅野久美子(かんの・くみこ)
1982年、宮崎県生まれ。ノンフィクション・ライター。
最新刊は、『孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル』(双葉社)。著書に『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(彩図社)などがある。孤独死や特殊清掃の生々しい現場にスポットを当てた、『中年の孤独死が止まらない!』などの記事を『週刊SPA!』『週刊実話ザ・タブー』等、多数の媒体で執筆中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もう戻れない!「エッチ大好きにさせられた...」元カレのテク3つ
飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...
会社側に「絶対に辞めない」と思われる!? 奥さんが妊娠して転勤させられたエピソードに「日本の会社の常套手段」との声も
誰にも言えない!女子が赤裸々告白「ひとりエッチの体験談」3つ
おぞましい!タバコによる影響を実験した動画が禁煙効果がありすぎると話題となる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加