最新ランキングをチェックしよう
大阪市「赤ちゃんの人身売買と誤解招く」 指導に従わない団体の言い分とは

大阪市「赤ちゃんの人身売買と誤解招く」 指導に従わない団体の言い分とは

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/29

「中絶を考えられている方へ『産んでくれたら最大200万円相当の援助』があります」。大阪市内のNPO法人がホームページ上などで何度もこう呼びかけて、市から7回も行政指導を受ける事態になっている。
一方、NPO法人側は、養子縁組という選択肢を知ってもらうことで、胎児の命を少しでも多く救うことができると主張している。
このNPO法人「全国おやこ福祉支援センター」は2014年から、戸籍上も実子扱いになる6

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加