最新ランキングをチェックしよう
大阪市「赤ちゃんの人身売買と誤解招く」 指導に従わない団体の言い分とは

大阪市「赤ちゃんの人身売買と誤解招く」 指導に従わない団体の言い分とは

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/29

「中絶を考えられている方へ『産んでくれたら最大200万円相当の援助』があります」。大阪市内のNPO法人がホームページ上などで何度もこう呼びかけて、市から7回も行政指導を受ける事態になっている。
一方、NPO法人側は、養子縁組という選択肢を知ってもらうことで、胎児の命を少しでも多く救うことができると主張している。
このNPO法人「全国おやこ福祉支援センター」は2014年から、戸籍上も実子扱いになる6

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボルボのパフォーマンス部門「ポールスター」が、独立した高性能電気自動車のブランドに!
進化したスバルの運転支援技術「アイサイト・ツーリング」への期待と課題
「パチンコ・パチスロ業界」に最早不可欠と化したコンサルの暗躍
日本郵政、高齢者みまもり事業を大幅に縮小...タブレット配布・子会社化も断念
核兵器の無力化が可能に? アメリカ「敵基地無力化」作戦の全貌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加