フリーアナ・唐橋ユミ&気象予報士・穂川果音、共通点は“フリップ”と“コーヒー好き”

フリーアナ・唐橋ユミ&気象予報士・穂川果音、共通点は“フリップ”と“コーヒー好き”

  • ORICON STYLE
  • 更新日:2016/12/01
No image

同業者でありライバル同士?初対談をした唐橋ユミと穂川果音(右)/写真:逢坂 聡

フリーアナウンサーの唐橋ユミと気象予報士の穂川果音がリラックスタイムとコーヒーについて語り合うトーク番組『彼女のCafe Time~バリスタ直伝! コーヒーを美味しく淹れるコツ~』(BS朝日/12月4日17時~放送予定)の収録がタリーズコーヒー東京ビックサイト店にて行なわれ、その収録現場に密着。テレビでも活躍中の同業者でありライバルでもある(!?)2人が、お互いへの意識や仕事話から、同番組で学んだコーヒー豆知識まで、リラックスして語ってくれた。

◆リラックスして終始和やかに行われた収録

心をリラックスさせてくれるカフェタイム。喧騒から離れ、疲れた体を癒してくれる一杯のコーヒーは、どんなものより美味しく感じるもの。しかし、意外にもコーヒーをより一層美味しく淹れるコツを知っている人は少ないもの。そんな人たちに、さらにコーヒーを美味しく楽しむためのコツを教えてくれるのが同番組。広くオシャレな店内が魅力のタリーズコーヒー東京ビックサイト店にて、唐橋と穂川がそれぞれのリラックスタイムの過ごし方、普段のコーヒーの好みやその飲み方についてのトークで盛り上がった。

さらにバリスタからコーヒー豆知識から美味しい淹れ方&飲み方までたっぷりと教わり、それを実践。プライベートでコーヒーとトークを楽しんでいるような雰囲気のなか、収録は終始和やかに行われた。バリスタが淹れたコーヒーを飲んですっかりご機嫌になったところで、2人に話を聞いた。

◆物知りで努力家の一面が垣間見れて印象が変わった(唐橋ユミ)

――番組の収録はいかがでしたか?
【穂川果音】 昔から様々な国のコーヒーを買って飲んでいたほどのコーヒー好きなんですが、淹れ方や豆の保存方法などを教えていただき、知らないことばかりでビックリしました。それに、憧れの先輩である唐橋さんと初めてご一緒することができて、すごく嬉しかったです。実は、緊張して昨日の夜はちゃんと眠れるか心配だったほど(笑)。でも、お話をさせていただいて「お酒を飲んだ後はラーメンを食べたくなる」という共通点が見つかって一気に親近感がわきました(笑)。
【唐橋ユミ】 私にとっての穂川さんのイメージは“コスプレ”。なので、今日もコスプレで収録に来ると思っていたんです(笑)。でも、実際にお話をしてみたら、すごく物知りで、努力家の一面が垣間見れて、印象が変わりました。コーヒーについては、様々な新しい用語や、コーヒー豆の採り方の違いなどを学べて、より深さを感じました。

――お2人はアナウンサーと気象予報士という似て非なる職業ですが、お互いの共通点などは見つかりましたか?
【穂川果音】 番組で使う“フリップ”です!
【唐橋ユミ】 たしかにそうですね。
【穂川果音】 以前から唐橋さんが出演されている番組を拝見させていただいていて、唐橋さんの作る手書きのフリップにすごく惹かれていたんです。私も番組では手書きでフリップを作っているので、“指がカラーペンまみれ”などの“フリップあるある”が共有できて、盛り上がりました(笑)。
【唐橋ユミ】 「実はスタッフさんが作っている」と疑われることもありますよね。そんなときは、「10時間もかけて作っているのに……」と反論したくなります(笑)。
【穂川果音】 わかります! いつか「フリップの裏側」というタイトルでドキュメンタリーを撮ってもらいたいくらいです(笑)。

――唐橋さんがフリップを作り始めたのは何がきっかけだったのでしょうか。
【唐橋ユミ】 実は、共演させていただいている関口宏さんの発案だったんです。私たちアナウンサーが、ただ原稿を読むだけでなく、視聴者目線でアナログに何かできないかと考えたときに浮かんだのが、この手書きのフリップ。デジタルな時代だからこそ、アナログは共感を得ることもできますし、ほんわかとあったかい空気がでますからね。
【穂川果音】 やり始めた当初は、どんな反響がありましたか?
【唐橋ユミ】 「見やすくてよかった」「堅苦しくなくていい」という声をいただいて、やってよかったと思いました。学校の先生から「わかりやすくて子どもたちに見せたいので譲ってください」と声をかけていただいたこともありました。

◆生放送ばかりで常に時間との闘い。大切なのは考えない時間(穂川果音)

――ところで、お2人にとって心温まるリラックスタイムとは?
【穂川果音】 私の仕事は生放送ばかりなので、常に時間との闘いなんです。そこで大切にしているのが、何も考えない時間を作る事。その時間に絶対に必要なのがコーヒーなんです。1日1回は必ずコーヒーを飲み、頭のなかを空っぽにしてリセットをすると、すごくリラックスすることができるんです。
【唐橋ユミ】 私も、収録前の控室で必ず飲むのがコーヒー。コーヒーは緊張をほぐしてくれるので、すごく助かるんです。寝る前に飲むと、よりリラックスできて、安眠につながる気がします。

――そんなコーヒー好きのお2人にとっては、とても楽しめて、ためになる番組になりそうですね。
【穂川果音】 はい! いつもそばにあるコーヒーに関して、知っているようで知らないことがたくさんあるということをこの番組で学ぶことが出来ると思うんです。よりコーヒーを好きになれると思うので、ぜひご覧いただきたいです。
【唐橋ユミ】 観たら、明日誰かにおしえたくなる情報が満載です。いろいろな専門用語も学べて、コーヒーのプロになった気分になれます。私たちも驚いたんですけど、コーヒーに合う意外なお菓子が出てきますのでお楽しみに! 奥深いコーヒーの世界をたっぷりと楽しんでください。

――この番組が決まる前から穂川さんはタリーズファンだったそうですね。
【穂川果音】 そうなんです。タリーズのボトル缶の商品がお気に入りです。ほかの缶コーヒーと違って香ばしさがあり、キャップで閉められるタイプなので持ち運びにも便利。ブログであげさせてもらったこともあります。ちなみに私はブラックが好きです。

◆“唐橋ユミ VS 穂川果音”コーヒー対決に緊張感!?

ふたりとも大のコーヒー好きだけあって、収録中はバリスタから教えられるコーヒーの豆知識に興味津々。途中、コーヒーにまつわるクイズや、どちらが美味しくコーヒーを淹れられるかを直接対決したりと、その様子はとってもアットホーム。2人の対決では、ちょっと緊張感が走る場面もあったものの、最後は笑顔。“コーヒーレッスン”を経て大満足の表情を見せた。

現在TULLY’Sで活躍している現役バリスタが直伝する、本当に美味しくコーヒーを淹れるコツが、コーヒー好きの2人のトークと失敗とチャレンジを通して楽しみながら学べる番組になっている。きっと、毎日何気なく飲んでいたコーヒーの見方がかわるはずだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コールド・ストーンのアイスが40分間食べ放題に! 12月14~16日に開催
なぜ、牡蠣は"海のミルク"と呼ばれるほど栄養豊富なのか?
【朗報】800円で本格ピッツァ&パスタが食べ放題だってよ! 西日本エリアの「サルヴァトーレ・クオモ」限定やでー!!
女子限定1000円でローストビーフ&生ハム食べ放題 大人気企画が3月末まで延長決定
知らない人はいない!?印象的なイラストが使われたよーじやの「抹茶チョコレート」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加