DeNA京山、米国の最新トレンド駆使し研究の冬に

DeNA京山、米国の最新トレンド駆使し研究の冬に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/11/10
No image

DeNA京山(19年撮影)

DeNA京山将弥投手が秋季キャンプで初めてブルペンに入った。2週間ぶりの投球で感覚を確かめながらの32球。

3年目は直球でストライクが取れず、登板9試合(うち先発8試合)で未勝利に終わった。「今年は全然ダメだった。何かを変えないといけない」。答えを見つけるべく、12月はウインターリーグではなく、米シアトルの最先端トレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」行きを選んだ。西武やロッテが若手を派遣する他、ソフトバンクはスタッフを招くなどトレンドになっている。「まず自分の投球を知りたい。どこが使えてないかとか、いろいろ知って生かしたい」と研究の冬にする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定
【プレミア12】侍J、2日連続で韓国戦へ プロ参加後は7勝10敗、日韓戦の死闘を振り返る
大谷独特の読書法から見える生き方/インタビュー2
異色右腕・松本直晃のトライアウト。来年父になる男の「夢の続き」
【プレミア12】韓国、東京五輪出場と決勝進出が決定 “日韓2連戦”へ監督「良い試合見せたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加