低迷のボルフス、成績不振によりヘキング監督と契約解除

低迷のボルフス、成績不振によりヘキング監督と契約解除

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/10/18
No image

ボルフスブルクは17日に、ディーター・ヘキング監督と双方合意の上で契約を終了したことを発表した。

今夏、MFアンドレ・シュールレやFWマックス・クルーゼ、FWバス・ドストが移籍したボルフスブルクは、今季開幕戦こそアウクスブルクに2-0で勝利したが、その後は勝利がなく、1勝3敗3分で14位に低迷。そのため、クラブはヘキング監督の解任を決断し、「ヘキングと双方の合意により、ともに仕事することを終わりにした。今後はU-23の指揮官を務めるバレリエン・イスマエルが暫定監督に就任し、指揮を執る」と声明を発表した。

ヘキング監督は2012年12月にボルフスブルクの指揮官に就任。2014-15シーズンにはDFBポカール(ドイツ国内杯)のタイトル獲得に導いた。

●ブンデスリーガ2016-17特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャルケ内田、復活目前 欧州リーグの練習に参加
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
本田ミランの売却、3月3日になると発表
マンU 主役級の存在感消える
シャルケ内田のELメンバー入りが正式発表...1年9カ月ぶりの試合復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加