二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)

二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/12/06

TeGy from Pixabay  イスラエル、ワイツマン科学研究所で誕生した細菌は二酸化炭素しか食べない。その体のバイオマスは、すべて空気中に含まれる二酸化炭素で構成されているという。
 『Cell』(11月27日付)に掲載された研究によると、ほぼ10年にもおよぶ歳月をかけ、ブドウ糖を食べるある腸内細菌の食生活を完全に変えることに成功したという。その腸内細菌とは、ずばり大腸菌である。
 将来的

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加