吉高由里子、鬼束ちひろ、GACKT...変わり者アピールが“鼻につく”と叩かれた芸能人4人「変人を装う凡人」

吉高由里子、鬼束ちひろ、GACKT...変わり者アピールが“鼻につく”と叩かれた芸能人4人「変人を装う凡人」

  • TOCANA
  • 更新日:2018/09/16
No image

画像は、「のん」オフィシャルブログより

普通の人と言動が異なる“変わり者”は芸能界に多い。しかし自ら“変わり者アピール”をして煙たがられてしまう人もいる。女優・のん(25)もその内のひとりだ。

のんは自らを“創作あーちすと”と名乗り、アートブックを出版したり個展を開催するなど精力的に活動している。また能年玲奈と名乗っていた2012年には「シネマ報知」のインタビューで、「妹から『普通に働いても生きていけへんな』と言われた」と告白。妹からの言葉にのんは、「すごくショックだったけど、納得したんです。あんまり普段の自分は好きじゃない。映像に映っている自分は好きなんですけど」とコメントしていた。

しかしこれらの変人アピールに対してネット上からは、「あーちすとって…。ひらがなとか無理だわ」「サブカル拗らせた、ちょっと可愛い大学生といった雰囲気」「事務所に売り出して貰ってたのに、自分の実力を勘違いして天狗になっただけのイタイ人だよね」といった声が上がっている。今回はのんのように、変わり者アピールが鼻につく芸能人たちをご紹介しよう。

●GACKT

シンガーソングライターのGACKT(45)も、自分変わってますアピールが多い芸能人。2013年に映画の記念イベントへ出席したGACKTは、「3時間くらいしか睡眠をとらないけど、悪夢というか予知夢を見る」「知らない人が出てくることが多くて、数年後に出会うことがある」と変人キャラを装っていた。

この発言にネット上からは、「真面目に予知夢を語ってるところが痛々しい…」「クラスに1人はいる不思議ちゃんキャラだね!」といった声が。また、今年6月には「4年ぶりにパンを食べた」「米は20年食べていない」とInstagramで告白。こちらのアピールには、「パン食おうが食わなかろうが勝手にしろよ」「パン食べてるところ自撮りしてるって想像したら笑いが止まらなくなった」などの声が溢れ返っている。

●鬼束ちひろ

No image

画像は、「YouTube」より

GACKTと同じくシンガーソングライターの鬼束ちひろ(37)は、一時期のキャラ作りに疑問の声が上がっていた。特に13年頃は伝説として語り継がれている。鬼束は同年に『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際、なんの脈略もなく「Who are you?」「This is a Pen!」といった不可解な発言を連発した。

また同時期の鬼束はデビュー当時と違ってアイメイクやチークが濃く、見た目からして奇抜。当時、彼女の変化に戸惑う声も多かったが「なんかキャラ作ってるっぽいな」「面白く見せなきゃ! って無理してる感じがあった」とのツッコミも。現在の鬼束は、ラジオ番組で「夫に1日5回ぐらい『結婚して』って言ってます」とラブラブぶりを明かすほどの“回復”をみせている。

●吉高由里子

女優・吉高由里子(30)の変わり者アピールに飽き飽きしている人もいるようだ。吉高のTwitterは独特で、「2秒前に違うことしようと思って歩いてたのに2秒後には違う予約して向かってた」「心に足が生えたような感覚で生きていきたい 身体を追い越してっちゃうような 心で動きたい なっ」などとツイートしている。

しかしこれらのツイートは不評で、「変人を装う凡人にしか見えない」「“奇想天外なことをする私”に酔ってる感じだね」などの声が。17年放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した吉高は、くりぃむしちゅー・上田晋也(48)から「独特な性格」と言われた際に「訂正して!」と笑いながら発言。この反論に視聴者からは、「本当は嬉しいんじゃない? “人と違う私ドヤァ”って感じじゃん」「ハイボールは好きだけど吉高由里子は嫌い」といった声が上がっていた。

(文=ヤーコン大助)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三浦翔平、向井理...『ブス』に対する攻撃性が異常な芸能人たち
交際宣言のうさまりあ、大西ライオンの“夜の一面”暴露「毎日のようにしてるのに...」
新庄剛志、年俸2200万円で2000万のベンツ購入!借金生活送る
パンサー尾形、ヤバすぎる下半身事情を妻が激白 「毎晩、寝ている間に...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加