右に2つ、左に1つ...フンメルスが“穴あきスパイク”に言及「足の指が長いから」

右に2つ、左に1つ...フンメルスが“穴あきスパイク”に言及「足の指が長いから」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/14
No image

ドイツ代表は10日、ウェンブリー・スタジアムでイングランド代表と国際親善試合を行い、0-0で引き分けた。この一戦でキャプテンマークを巻いて無失点に貢献したバイエルンDFマッツ・フンメルスだが、同選手の足下が気になったファンも多かったに違いない。

フンメルスが試合当日に履いていたスパイクには、右足に2つ、左足に1つの穴があいていることが確認された。バイエルンのクラブ公式サイトによると、「足の指が長いため」もともと2つ穴があいており、フンメルスはしばらくその状態でプレーしていたという。そしてイングランド戦の前には、3つ目の穴があいてしまったものの、交換することなく同じスパイクでプレーしたようだ。

スパイクの穴は気にしないフンメルスだが、試合ではディフェンスリーダーとして守備の穴をあけず、イングランドの攻撃陣を完封。ヨアヒム・レーブ監督が「マッツは守備における安定剤と言える。彼は相手のボールをたくさんクリアした」と賞賛すれば、フンメルス本人も「ゴール前に飛んでくるボールが、まるで図ったかのように僕の頭を目掛けてくるのは実際おもしろいね。そのボールをヘディングでクリアできるのは、とても良い気分だ」と手応えを口にしている。

●2018W杯ロシア大会特集ページ

●ブンデスリーガ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブレーメン、待望の今季初勝利。11試合ぶんの得点をわずか1試合で
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
審判の判定 バルサ不服訴える
17歳中村敬斗がシュトゥットガルトの練習参加。U-17W杯では4得点の活躍
長友佑都、7試合ぶり先発外れる。エース2発でインテルが2位浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加