スノボ男子・ハーフパイプ決勝 戸塚がエアで着地ミス 立ち上がれず担架で搬送

スノボ男子・ハーフパイプ決勝 戸塚がエアで着地ミス 立ち上がれず担架で搬送

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/14
No image

男子ハーフパイプ決勝 2回目の演技で転倒し、担架に乗せられる戸塚優斗=平昌(共同)

「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

予選10位で決勝進出した戸塚優斗(ヨネックス)が2回目のランでエアの着地をミス。激しく雪面に叩きつけられた戸塚は、立ち上がるどころか、まったく動けずに担架で搬送された。

戸塚は決勝1回目では最後のエアで転倒し、39・25で8位だった。

なお、日本勢は予選3位のソチ五輪銀メダリストで金メダル候補・日本の平野歩夢(木下グループ)が9位。同5位の片山来夢(バートン)が85・75の高得点で4位につけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
みちょぱの圧巻美ボディにうっとり「憧れる」「大人SEXY」と絶賛の声
「震災義援金4億円」サンドウィッチマン・伊達の“心配な言動”とは?
泰葉が自己破産、実家からは門前払い
ジュディ・オング『なんでも鑑定団』に持参した宝が驚きの鑑定結果に!
眞子さまと婚約者の「結婚延期」に借金トラブル被害者が胸中告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加