競合メディアにサイト名を商標登録された――「Mogura VR」が異議申し立て

競合メディアにサイト名を商標登録された――「Mogura VR」が異議申し立て

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2017/11/14
No image

VR・AR関連ニュースサイト「Mogura VR」を運営するMoguraは11月13日、競合サイト「VR Inside」を運営するスパイシーソフトが今年7月に取得した商標「MoguraVR」について、特許庁に無効審判請求を提出し、受理されたと発表した。Moguraは「偶然の一致とは到底考えられない」「不正の目的に基づいた剽窃的行為と評価されるべき」としている。

「Mogura VR」のプレスリリース

スパイシーソフトは、「MoguraVR」(2016-108205)を2016年10月5日に商標出願し、17年7月14日に取得していた(第5962660号)。Mogura VRは「『Mogura』の語は紙やWeb媒体で一般的に用いられるものではなく、偶然の一致とは到底考えられない」「弊社に無断で商標登録が行われた」と主張。「不正の目的に基づいた剽窃的行為と評価されるべき」「公正な商取引の秩序を乱す」商標だとして10月23日に特許庁へ無効審判請求書を提出し、30日に受理されたという。

No image

「MoguraVR」を商標登録していた

スパイシーソフトは「VR Inside」を運営し、「Mogura VR」や「Mogura VRの久保田 瞬編集長」に言及する記事を複数掲載していた。

Mogura VRは、無効審判請求の審査結果をあらためて告知するとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】埼玉・住宅で小6女の子が死亡 自殺か
座間9人殺害事件 白石容疑者の殺害動機は「性的嗜好」か
公園で55分間、中1少女に性的暴行 逮捕された大学生の供述に怒りの声
国道で“あおり運転”のトラック 停車で飲酒が発覚
娘が友人に睡眠薬を飲ませて、父親が強姦殺人! 韓国“奥歯パパ”父娘の「悪魔の所業」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加