吉川晃司、17年ぶりの主演作で上地雄輔とタッグ!

吉川晃司、17年ぶりの主演作で上地雄輔とタッグ!

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2018/03/26
No image

「連続ドラマW ⿊書院の六兵衛」に出演する上地雄輔と吉川晃司(写真左から) (C)WOWOW

WOWOWプライムでは、7月より「連続ドラマW ⿊書院の六兵衛」の放送が決定。吉川晃司と上地雄輔が出演することが分かった。

原作は、巨匠・浅⽥次郎による⽇本経済新聞連載の時代⼩説。吉川が演じるのは⾃らの信義を通し、⼀切⼝を利かぬまま江⼾城内に居座り続ける将軍直属の御書院番⼠・的矢六兵衛だ。

一方、上地が演じるのは、官軍側に付いた尾張藩から遣わされ六兵衛排除の任を負ってしまった下級藩⼠・加倉井隼人。

江⼾城無⾎開城の史実をベースに、的⽮六兵衛と、加倉井隼⼈の交情を熱く描く。

■ 吉川晃司コメント

――WOWOW「連続ドラマW」初の出演についての意気込みを。

連続ドラマWは良質なモノづくりをしているイメージで楽しみにしていましたが、実際やってみると結構コキ使われんだなって思いました(笑)。

今回主演を務めますが、普段の音楽活動においてもフロントマンとしてトータルプロデュースをする立場と考えれば、役回りに大きな違いはないし、むしろ余計な力を入れすぎないように心掛けています。

――浅⽥次郎さんの原作や、脚本を読まれた際の感想。

何百年と続いた武士の魂や覚悟というものを、この不動無言の的矢六兵衛という特異なキャラクターに背負わせた。

その切り口、発想が非常に面白いと思いました。一方で、この原作の映像化は非常に難しいのではないかとも感じましたが、今回の脚本は本当に面白いものになっていると思います。

――実際に現場で演じてみての感想。

ステージでも演技でも普段は動き回っている自分が、今回はせりふもなく動きも最低限。辛抱と受け身の極みをやる。これは大きな賭けだと思いました。

一方で、的矢六兵衛の所作を身につけるために採り入れ日夜稽古に励んでいる弓馬術礼法小笠原流の極限まで無駄を削ぎ落としたしなやかな動きと求道者のような姿勢、これが役作りにおいても、撮影中の集中力やモチベーションを保つことにおいても、非常に重要な存在となっています。

芝居については、相方となる上地くんの苦労も相当なものだと思います。なにせ、喋らない自分の分までせりふを背負わせているので。もはや落語の域ですね。心の中で常に旗を振って感謝応援しています。

――この映像化を通じて届けたい思いや、視聴者へのメッセージを。

「武士道」というものを、動く絵にするとこうなる。それを楽しんで観て頂ければと思います。

■ 上地雄輔コメント(加倉井隼人役)

――WOWOW「連続ドラマW」初の出演についての意気込みを。

少しでもその作品の力になれるように、その役に自分の魂を全て捧ごうと思いました。

――脚本を読んだ感想は?

大変なものを引き受けたなと思いました。

――実際に現場で演じてみて。

自分を削ぎ落とす気持ちで毎シーン演じているので、それが出ていればうれしいです。

――視聴者の皆様へのメッセージ

日本っていいなと思ってくれたらうれしいです。(ザテレビジョン)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新婚の元NMB48須藤凜々花「炎上した」夫撮影入浴ショット 撮影エピソードを赤裸々告白
【独占取材】小室哲哉、浅倉大介によるユニット「PANDORA」のフィーチャリングボーカルBeverlyとAXL21がスーパークリエイターと共に主題歌、挿入歌を歌う『仮面ライダービルド』について語り合う
佐々木希、ローストビーフディナー公開で「妊婦は生肉ダメ」「我慢して!」と指摘殺到
すみれ突然の「衝撃発言」に「芸能界のドン」が激怒か
加藤綾子が「愛用下着告白」でバレてしまったあのサイズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加