ロッテ伊東勤監督が今季限りの辞任を表明 「1年1年が勝負と思って」球宴前に意向

ロッテ伊東勤監督が今季限りの辞任を表明 「1年1年が勝負と思って」球宴前に意向

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

ロッテ・伊東勤監督

ロッテ、伊東勤監督(54)が13日、今季限りで辞任することを明らかにした。

5日の仙台遠征の際、球団首脳と会談し、「今季限りでユニホームを脱がしていただきたい」と申し入れて、「分かりました」と了承されたもので、今季の成績不振の責任を取っての決断となった。

現在、33勝67敗1分けで最下位。伊東監督は「球宴前から腹づもりはあった」と話し、早くから責任を取る意向を固めていた。

ロッテ監督として5年で3度のAクラス入りを果たしているが、「(今年は)歴史的な負けでしょう。トータルで見る人もいるだろうが、私は1年1年が勝負と思ってやってきた。勝負の世界です」と語った。

残り42試合。「最後まで指揮を執ります」と途中で投げ出さず、最後までやり抜くことも明らかにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
山本昌氏が「レギュラーを獲っても不思議ではない」と話した選手は?
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加