最新ランキングをチェックしよう
東芝、特設注意銘柄解除の次の課題は債務超過解消 メモリ売却審査に時間の壁

東芝、特設注意銘柄解除の次の課題は債務超過解消 メモリ売却審査に時間の壁

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/11

東芝の上場維持にはなお不透明感が残る。来年3月末までに半導体子会社「東芝メモリ」を売却し、負債が資産を上回る債務超過を解消できるかが最大のハードルだ。今後の各国の独占禁止法の審査や米ウエスタンデジタル(WD)との訴訟で、綱渡りが続く。
 東芝は11日、指定解除の通知を受け「今後も内部管理体制の改善と定着を図るとともに、信頼の回復に全力を尽くす」とのコメントを発表した。
 東芝は米原発事業の巨額損失

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院選】元みんな代表の浅尾慶一郎氏、新人相手に落選確実 神奈川4区
無党派、立憲が取り込む=未成年は保守志向-出口調査【17衆院選】
ボロ物件で家賃年収2000万へ! 現金200万円以下で買える物件で不動産投資に成功した男
1〜3四半期の中国のGDP成長率は6.9%、消費が最大の駆動力に
埼玉5区、立民・枝野幸男氏が当選確実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加