自分のう○こを回収するため、窓の間に挟まってしまった女性の悲劇

自分のう○こを回収するため、窓の間に挟まってしまった女性の悲劇

  • IRORIO
  • 更新日:2017/09/17

英ブリストルに住むリアム・スミスさんは先日、出会い系で知り合った女の子とデートを楽しんでいた。

ディナーの後、2人は彼の部屋で過ごしていたのだが、これが消防隊が駆けつける大きな騒動に発展した。

窓の間に挟まった女性

原因は相手の女性が、リアムさんの部屋にある狭~い窓の隙間に、逆さまに挟まってしまったため。

彼女はこんな状態で身動きが取れなくなってしまったのだ。

No image

Replacement window/GoFundMe

一体全体どうしてこんな体勢で窓に挟まってしまったのか?理由は、彼女が自分の汚物を回収しようとしたためである。

順にご説明しよう。

トイレが流れずパニックに

彼の部屋で女性は便意を催しトイレを借りた。

ところがトイレが流れず、パニックに陥った女性は思わず自身の汚物を紙で包み、窓から外に投げ捨てたというのだ。

「それは大変!」と庭に出て、彼女の汚物を回収しようということになった。が、ここで問題が1つ。リアムさんの家のトイレの窓は開かないはずなのだ。

汚物は窓と窓の間に…

トイレは2重のガラス窓になっており、1枚開けても外側にはもう1枚窓があり、2枚の窓ガラスの間に狭い隙間ができていた。

No image

Replacement window/GoFundMe

No image

Replacement window/GoFundMe

「汚物は外に投げた」と話す彼女だが、考えられることはただ1つ。

彼女の汚物は2枚の窓の狭い隙間に落ちた…ということである。

自ら回収に乗り出した女性

女性は2度目のパニックに陥ったに違いない。あろうことか、2枚の窓の間に頭から入り込み、自らの手で汚物をかき出す手段に打って出た。

故に、最初にご紹介した、この状態と相成ったわけ。

Replacement window/GoFundMe

「プロじゃないけど体操やってるから」と、果敢に汚物回収に乗り出した彼女だったが、そこまで到達できなかっただけでなく、後戻りもできず、まさににっちもさっちもいかなくなり、リアムさんは消防に出動を要請。

隊員が駆け付け、窓ガラスを外して彼女を救出した。

No image

Replacement window/GoFundMe

彼女にケガはなかったが、取り外された窓の修理代は300ポンド(約4万2000円)也。

寄付金と恋の行方

大学院に通う学生の身では支払いが厳しいというわけで、資金調達サイトGoFundMeで経緯を説明し、寄付をお願いすることに。

結果はわずか数日で、目標額の200ポンドの10倍以上、2700ポンド(約39万円)の寄付が集まり、リアムさんは感謝の言葉を綴っている。

余った寄付金は水洗トイレの普及を目指す団体及び、消防士の団体に寄付することを約束している。

さて、気になるのは2人の恋の行方だ。

リアムさんは騒動の後も彼女と会ったという。彼は、「かわいい子だよ。この先どうなるかはわからないけれど、いつでも会うつもりでいるよ」とBristol Post紙の取材に対し答えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャワーでエッチしようと思ったら...想像とは違ったこんなコト4つ
【鼻血ブー】イスラエルの軍人さん色っぽすぎィィイイイ! 必殺技「悩殺」だけで将軍まで上り詰めるレベル!!
ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?
誰にも言えない!女子が赤裸々告白「ひとりエッチの体験談」3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加