“新”ファーガソン誕生へ

“新”ファーガソン誕生へ

  • スポルト
  • 更新日:2017/10/13
No image

ファーガソンと抱擁を交わすモウリーニョ

マンチェスター・ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョに”金庫の鍵”を差し出した。
これは90年代初めにバルサ会長のヌニェスと監督のクライフがチーム強化に関して衝突した際、バルサ内で広まった表現である。
今日のオールド・トラフォードではモウリーニョがその戦いに勝利している。

実際には、彼は戦う必要がなかった。
さらにユナイテッドはチーム強化に関してモウリーニョに全権を与える考えを持つだけでなく、このポルトガル人と新たに5年の新契約を結び、長期政権を築く事を望んでいる。
『The Sun』紙は2022年までの5年の新契約で彼はクラブの全面的な主になるだろうと報じた。

また2017年が終わるまでにオフィシャルになる可能性もあるこの新契約は年俸約1500万ユーロ+タイトル獲得によるボーナスという破格の待遇によってモウをペップと共に世界最高給の監督へと変えると思われる。

レッド・デビルズの素晴らしいシーズンスタート(ヨーロッパ・スーパーカップで敗れて以降、9勝1分け)はクラブでのモウリーニョの地位を議論の余地の無いものとした。
彼の圧倒的な個性はサポーター達の人気を博しており、ますますアレックス・ファーガソンの後継者として考えられている。

現在、モウリーニョはフェライニやマタを筆頭に今シーズン、マンUと契約満了を迎える8選手の契約を更新するかどうか検討しながら、次の会計年度に向けて新契約や補強の支出を調整している最中にある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院選】小池百合子都知事は「逃亡中の女王」仏紙が皮肉
フラストレーション爆発でネイマール退場!パリSG指揮官や同僚は判定に不満「不公平だ」
ネイマール、PSG監督とも衝突? カバーニとの騒動は沈静化したが...
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
ミス美尻 ヌードでメッシ激励
  • このエントリーをはてなブックマークに追加