整理収納アドバイザーに教わる「汚部屋」改造:“捨て方”レッスン、開始

整理収納アドバイザーに教わる「汚部屋」改造:“捨て方”レッスン、開始

  • レタスクラブニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

ものを“捨てる”感覚を、まずはキッチンから始めて身につける

「汚部屋」に悩む大河内えりなさん(仮名)。片づけのプロ、中山真由美さんの指導のもと、大改造に臨むことに! まずは「ものを減らすこと」からスタートです。でも、一気に捨てると、ダイエットと同じでリバウンドし、逆に増えてしまうとか。そこで“捨て方”レッスン、開始。

【写真を見る】中のものはすべて取り出し、床などに見渡せるように並べて

【キッチンから始めて、ものを捨てる感覚をつかむ】

キッチンからといっても、いきなりフライパンや食器などの大物からいかずに、賞味期限という捨てるラインが明確な食材から始めましょう。床などに見渡せるように並べて、一つ一つ賞味期限の日付を確認してジャッジ!

ものはすべて出すのがポイント! これなら早速トライできそうですね。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
朝のカップラーメンから学ぶべきこと!
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
退職を考えるきっかけ、1位は?
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加